ビジネスを成功に導く上で、テストマーケティングは非常に有効な手法です。

しかし、テストマーケティングに関して誤解している人も少なくありません。少し試して「ダメだったから、やめる」というのでは、時間とお金のムダになります。

スモールビジネスで成功するために、テストマーケティングについて正しく理解しておきましょう。

スモールビジネスではテストマーケティングが大事

テストマーケティングとは簡単にいうと、お金をかけずに小さく複数のやり方を試し、その中から方向性を定めたり、一番良い結果を導き出す、スモールビジネスでは非常にメリットのある手法です。

しかし、テストマーケティングについて誤解があるようなので、ここでもう一度理解してほしいと思います。

ちょっとだけさわり程度テストをしてみて、「うまく行かなかったからやめます」という人が多いことに驚きます。

さわりだけを試してみて、うまく行かないからやめるというのは、ビジネスではなく、お金と時間のムダでしかありません。

例えば、チラシを作るためのテスト段階では、たくさん枚数を印刷して広い地域に配るのではなく、まずはテストとして小さい地域に出して反応を見るというのがセオリーですが、わずか1回のテストで反応が取れなければ、「チラシは効果が無いので別のやり方を試します」といって、別のやり方を模索する人が多いのです。

これでは、チラシという媒体自体の効果がないのか、チラシの内容が悪いのか判断できません。

チラシをやると決めたのであれば、深掘りして反応が取れるようになるまでテストマーケティングを行わなければ、いつまでたっても効果がわからないのです。

スモールビジネスを成功させる意思を持って行う

テストマーケティングを行う大前提として、「成功させる」という意思を必ず持ってください。その意思がないと、テストとしての本当の効果が薄れてしまいます。

それでも反応がなければ、その媒体ややり方は考えなければなりませんが、深掘りしないうちから途中で止めてしまっては、何のテストにもなりません。

着物リサイクルでも、放置自転車ビジネスでも、初めから順調にうまく行ったわけではありません。たび重なるテストマーケティングを行い、ビジネスとして形づくっていきました。

そしてその根底には、「このビジネスを必ず形にして成功へと導いてやる!」という強い意志があったのです。

お金を使わなければ、お金を生むことはできません。しかし、スモールビジネスでは潤沢にお金があるわけではありませんから、あっちにいくら、こっちでいくらとお金を使っているうちに、あっという間にお金はなくなってしまいます。

だからこそ、小さく深く「成功させる」という意思を持って、テストマーケティングを繰り返す必要があるのです。そして手ごたえのあった箇所に、お金を一気につぎ込んでビジネスに加速をつけるのです。


「スモールビジネス成功のためのテストマーケティングのコツ」まとめ

テストマーケティングは小さく深く成功させるという意思を持って繰り返す必要がある。そうでなければ、効果がわからない。