起業家3

人間誰しも生きていくには、お金が必要です。家族がいれば、その分も稼がなければなりません。

起業はお金を稼ぐための1つの手段ですが、独立して自分の力だけでお金を稼ぐのは簡単なことではありません。とはいえ、起業は多くの可能性を秘めた手段でもあります。

起業するなら、どのような心構えをすればいいのでしょうか?

起業家はつらい?それとも…

「起業してお金を稼ぐのは簡単ではありません」。

厳しいことをいいますすが、これは本当のことです。

稼げなければ気分はゲンナリ。売上不振が続けば、憂鬱。さらに売上不振が続けば、最悪のシナリオが頭をよぎり夜も眠れなくなる。

お金というプレッシャーが、毎日否応なしに襲いかかり、精神的にも追いつめられ、借金が大きくなり借金を返せなくなれば、生活は破たんへと追い込まれてしまうでしょう。

金銭的に少しくらい苦しくても、普通に生活するのであれば、まだアルバイトの方が良かったと後悔するかもしれません。

ただ、「起業ほど素晴らしく可能性に満ちた手段はない」とも、私はいいたいです。

起業家として結果を導き出せれば、金銭的にも時間的にもしばられることなく、心身ともに充実した日々を手にすることができます。

サラリーマン時代よりも収入はアップ。お金のシガラミから解放される。プライベートに使える時間も多くなる。自分の思い通りに仕事ができる。やりがいもじゅうぶん感じることができる。

お金を稼ぐには大変なことが山ほどあります。

でも、そのひとつひとつと真剣に向き合い、考え、クリアしていくことで、起業家としてお金を稼ぐ力が備わっていくのです。

起業でも副業でもかまいません。自分の力でお金を稼ぐと決めたのであれば、あきらめることなく正面から向き合って、目標をクリアしてください。

あなたの人生は会社のものでも、他の誰のものでもありません。あなた自身のものです。

あなたが知らずに預けてしまっていたリスクを、起業を手段として取り戻し、明るい未来を手に入れるために、つらくてもあきらめずにやりきってほしいと思います。


「起業家としてお金を稼ぐと決めたなら」まとめ

独立起業してお金を稼ぐのは簡単なことではないが、大きな可能性もある。つらくてもあきらめずに、正面から目標に向き合おう。