起業することは、会社の知名度や資源などに頼らず、自分の力だけでお金を稼ぐということです。

そう聞くと、起業家になるのは誰にでもできることではなさそうに思えます。しかしながら、起業家としてお金を稼ぐチャンスは誰にでも平等にあるのです。

起業にチャレンジする意味について、考えてみませんか?

起業家としてお金を受け取るということ

お金が動くということは、必ず誰かがお金を使っているということです。そして誰かがそのお金を受け取っています。

裏を返せば、これは誰にとってもお金を稼ぐチャンスがあるということです。

お金を使わなければ、食べることも、服を買うことも、どこかに移動することも、住む場所を用意することもできません。

お金を使うことで、程度の差はあるにせよ、不自由なく日常生活を送ることができるのです。だからお金は必要なのです。

お金で物事すべてを解決できるわけではありませんし、お金によって多くの問題やトラブルを抱え込んでしまう人もいますが、お金はないよりあった方がよいに決まっています。

私たちは、資本主義という社会の中で生活している以上、何らかの経済活動に100パーセント加担しています。お金は経済を動かす全ての基準です。

そのお金を、サラリーマンとして受け取るのか、起業家として受け取るのか、他の違うやり方や立場で受け取るのかを自分で決められるのが日本という国です。

起業家になるチャンスは平等にある

つまり、「あなたの未来はあなたが自由に選んでかまいませんよ」ということです。

すべてを投げ出して自由気ままに生きて行くということではなく、あなたは日本に生まれた時点で、明るい未来を手にするチャンスが現実に目の前にあるのです。

今はそのチャンスに気づかないとしても、チャンスは誰にでも公平に目の前に存在しています。

起業家としてチャンスをつかめるかどうかは誰にもわかりませんし、チャンスをつかんでも結果を出せるかどうかは分かりません。

ただ、チャレンジした者でなければチャンスをつかめないことだけは、はっきりしています。

そして、準備をした者だけしかチャンスをつかむことはできません。そう考えると、チャレンジすること自体がチャンスをつかむための準備なのかもしれません。

あなたの未来はつねに開かれています。

それを信じて準備を怠らず、チャンスをつかみ活かしきって、すばらしい結果を導き出してほしいと思います。


「起業家としてお金を稼ぐことにチャレンジする意味は?」まとめ

起業するチャンスは誰にでもある。起業家として成功できるかはわからないが、チャレンジした者だけがチャンスをつかめる。