どんなに良い商品やサービスでも誰も買ってくれなければ、ビジネスとして成立しません。つまり、販売や営業はすべてのお金の入口です。

したがって、起業したら営業スキルが非常に重要になります。とはいえ、業種や業態によっては、あまり営業に力を入れなくてもよいと考える人も意外に多くいます。

本当にそれでよいのでしょうか?

営業スキルが必須な理由

お金を稼ぐためには、あなたはサービスや商品を提供し、その対価としてお金をもらわなければなりません。

そのためには、営業という行為が必要になります。

販売、セールスなど呼び方は色々ありますが、ここでは誰かに何かを売るという行為を、営業と統一してお伝えします。

どんなにすばらしい技術があっても、どんなに画期的な商品やサービスを扱っていても、誰かにお金を払ってもらい利益を残せなければ、ビジネスとして成立させることはできません。

ここに私が「営業イズパワー」と言い切る理由があるのですが、どんな状況に陥ったとしても、営業スキルをマスターしていれば、ほとんどの問題はクリアしてしまうでしょう。

営業はすべてのお金の入り口です。

「飲食店だから営業に関しては別に学ばなくても良い」とか、「紹介で仕事が取れてるから営業なんてしなくても大丈夫」という人が驚くほどいますが、起業してお金を稼ぐ以上、営業スキルは必須です。

営業=セールスというイメージがあるので、営業に意識を向けないといったことがあるかもしれません。それにしても、多くの人が営業という要素を軽視しています。

対面販売であろうが、営業であろうが、インターネットビジネスであろうが、誰かに何かを売るという行為はお金に直結する入口なのです。

どんな商品やサービスを扱っていようが、お金を払うのは人間だけです。ペット用品を扱っていたとしても、お金を出すのは動物ではなく人間です。

だから、お金を払ってほしければ、人に焦点を当てた営業スキルをマスターする必要があります。

営業はビジネスを行う上で、絶対に軽視できない大切なものなのです。


「営業スキルがなければお金を稼ぐことはできない?」まとめ

どんな商材も売れなければビジネスとして成立しない。どのような業種・業態でも、お金を稼ぐためには営業スキルは欠かせない。