売上げをつくるには、当然ながら、あなたのお店の商品やサービスをお客さんに買ってもらわなければなりません。

そのためは、お客さんを探してセールスをしなければ…と考えがちですが、実は、それよりもお客さんにあなたの商品・サービスをみつけてもらう方が効率的です。

効率よく商品・サービスを知ってもらうための考え方について、ご紹介します。

商品やサービスを求めている人は、どこ?

お客さんとは、あなたにお金を払ってくれる人のことです。

あなたにお金を使わない人は、たとえ有名人であっても、総理大臣であってもお客さんではありません。実際に有名人がお店に来たら、写真を撮ってサインをもらい、お店の壁に貼っておきますが…

「じゃあ、そのお客さんはどこにいるの?」ということになるのですが、お客さんを必死に探すのではなく、あなたは選ばれる人になればいいのです。

あなたが扱う商品やサービスを求めている人に、あなたの存在を知ってもらい、あなたのお店に来店してもらったり、あなたに声をかけてもらうようにすればいいのです。

全てが定食屋のやり取りのような単純な話しではありませんので、特別なやり方ではなく基本的なセールススキルや交渉術をマスターすることも必要です。

セールスと集客がお金の流れをつくる

それでも、あなたの商品やサービスに、一切興味の無い人を1人1人捕まえて、いろいろと話をしながら、あの手この手で興味を持たせてセールスするやり方をくり返すよりも、あなたの商品やサービスに興味を持った人が、あなたを探して声をかけてくれた方が、何倍も売りやすいはずですし、売れやすいはずです。

そのためにはあなたの存在を、あなたが扱う商品やサービスを求めている人達に知ってもらうということが必要なのです。

私はそれをまとめて集客とよんでいます。

「セールスと集客は1セット」と考えるようにすると、お金の流れを構築しやすくなり、さらに感謝されるセールスへと変貌させることが可能になります。

お客さんは探すのではく、あなたがお客さんに求められるようにするということを、常に意識して仕掛けを打ってほしいと思います。

こちらからグイグイ攻め込むのではなく、お客さんに求められ、お客さんが集まってくるようにするにはどうすればよいかを考えるのです。


「商品やサービスを知ってもらうには、セールスと集客はセットで考える」まとめ

お客さんを探してセールスするよりも、自社の商品やサービスを知ってもらう仕掛けをしてお金の流れをつくろう。