ビジネス拡大

ビジネスをしていると、借入れをするべきかどうか判断を迫られる場面があります。

つなぎ資金が必要だとか、ビジネスを拡大する資金がほしいなど、融資を受ける理由はさまざまですが、そもそもスモールビジネスにとって、借金とはどのようなものか知っておくことが重要です。

借入れ資金を有効に活用するためにも、そこをよく考えておきましょう。

ビジネス拡大のための借金の意味は?

次の手を打つためにお金を借りるのであれば、レバレッジとして意味はあります。しかし、売上げ補填のための借入れは単なる一時しのぎに終わる可能性が高く、できる限りそのような状況は避けなければなりません。

中小零細企業が借入れできる金額の限度額なんてものは、たかが知れています。起業して間もない会社であれば、喜んでお金を貸してくれるなんてことはまずないでしょう。

それでもビジネスが順調なときは、銀行は黙っていても、お金を貸してくれます。

会社に勢いのあるときは、打つ手もハマり、お金を生み出しやすくなるので、融資を受けレバレッジを利かせることで、ビジネスをより拡大することが可能になります。

とはいえ、勢いがあるばかりに融資を受ける条件が「高い売上げを出し続けること」というわけのわからない話になる場合があります。

これは、裏を返すと「少しでもダメだと感じたら、お金は貸しませんよ」と言っているのです。実際、融資を受けてビジネスを拡大させたものの、会社の雲行きが怪しくなったとたん、貸し渋りにあって飛んでしまったという例はいくらでもあります。

もちろん、借入れを上手に活用することで、ビジネスを成長させることができますし、借入れを計画的に行うことで、ビジネス体制を盤石にすることもできます。なので、借入れが必ずしも悪いということではありません。


「ビジネス拡大のためには、資金の借入れは当然?」まとめ

借入れをするなら、ビジネスを盤石にし成長させるためにも、一時しのぎではなく、計画的に上手に活用するべき。