ビジネスを立ち上げて利益を出すには集客対策が必要ですが、それには費用がかかります。テストマーケティングをする場合も同じことです。

集客のための資金は1度に使い切ってはいけません。ビジネスを軌道に乗せるためにも、集客対策は手元にお金を残しながら行うことが必須です。

その具体的な方法について解説します。

テストマーケティングには費用がかかる

テストマーケティングをするにしても、それがビジネスなら必ず費用がかかります。だから、テストマーケティングをするお金は必ず手元に置くようにしてください。それもできる限り多くです。

ただし、お金があろうがなかろうが、お金を生み出すためのテストを最優先に行なってください。間違っても「すぐに現金化しにくいモノやコトにお金を使わない」ようにしてください。

テストマーケティングに使うお金は、一度にすべてを使い切ってはいけません。

集客費用として使えるお金が50万円あっても、50万円全額を1つのやり方に注ぎ込んではダメです。50万円のうちまず10万円を使い、複数のテストをしてみるのです。

例えば、1回3万円程度なら10回(10種類)のテストができます。10種類テストしてみれば、1つくらいはうまくいく方法が見つかるはずです。

うまくいった方法を見つけたら、そのやり方に、例えば5万円を使ってみるのです。

テストマーケティングの結果を見て修正を重ねる

そこでもうまくいったら、次は 10万円を使ってみるのです。さらにうまくいったら、もう10万円を使う …といった感じで小さな結果を重ねていくのです。

立ち上げ当初は、こうやってお金を生むところにだけお金を使い、ビジネスを軌道に乗せていくのです。

ビジネス立ち上げ当初は、チラシを一度にたくさん印刷したほうが予算を削れるとか、仕入れ値が安くなるからと言われても、お金を一気に使ってはいけません。

うまくいったからといって、一気に集客に費用をかけるのではなく、小分けにして細かく修正しながら徐々に精度を上げていくことを忘れないでください。


「テストマーケティングの結果を見て集客費用は小出しにする」まとめ

集客対策の資金は一気に使わず、テストマーケティングの結果を見て修正をくり返しながら小出しにしていこう。