欲求のまま行動することは誰でも抑制されてきたと思います。それが世間一般の常識ですが、その結果、行動を起こす前に無意識に自分でブレーキをかけてしまう人も多いのでは?

サラリーマンならこれでもいいのですが、自分でお金を稼ぐ起業家としてはこの常識はジャマになります。

起業するなら、自分の中の常識をどう変えていくべきでしょうか?

サラリーマンの常識をリセットする

「それはやっちゃダメ」とか「がまんしなさい」といったことを、子供のころからいわれてきたために、多くの人が自分の行動に無意識にブレーキをかけてしまっています。

組織で働くサラリーマンならこれでいいのですが、起業家としてお金を稼ぐにはジャマな常識です。そういう常識は今すぐリセットして、一度素直に欲求を解放しましょう。

欲求を解放すればするほど、それがあなたのパワーの源となり、結果へ導くための行動するエネルギーへと変わっていきます。

お金があれば、選択肢が増えます。

欲しいものがないとか、何も求めていないという人は、何のために人よりお金を稼ぎたいと思うのか私には理解できません。そういう人に限って、本当はお金が欲しいのに素直に口にすることができなかったり、格好をつけているように私には映ります。

「お金を欲しい」ということを、堂々といえなくて、どうやってお金を稼ぐのでしょうか?

欲求を解放しても、自分がそれを手に入れられることを信じていないという場合もあります。自分を信じてあげられなければ、結果を手にすることはできません。

起業家になるなら欲求を解放しよう

また、これは本当に思うことなのですが、多くの人は「結果にとらわれすぎ」です。

自分が求めている結果を手に入れられるかどうかは、ひとつの結果でしかありません。その結果ばかり気にして、自分が求めている結果を本気で取りに行っていないのです。

結果は結果です。良い結果だろうが悪い結果だろうが、出てしまったことにとらわれるのは良くありませんし、結果にとらわれて動きが止まってしまうのは最悪です。

結果なんてものは、自分のとらえ方で何とでも変わります。

出た結果が悪くても、それを素直に受け入れ、またチャレンジすることで良い結果を導き出すことができればそれでいいのです。

チャレンジする回数に限りはありません。何度でもチャレンジしていいのです。

サラリーマンをやめて起業家になるなら、欲求を解放して、あなたが求めている結果を本気で取りに行ってください。


「サラリーマンと起業家の常識は違う?」まとめ

起業するなら、サラリーマンの常識をリセットし、結果にとらわれず、成功するまで何度でもチャレンジするべき。