どんなに良い商品やサービスを扱っていても、お客さんが来なければ商売になりません。

お客さんに来てもらうようにするのが「集客」ですが、いろいろな方法があります。最も効率の良い集客法といえるのが、自然とお客さんが自分の店に来てくれるようにすることです。

そんなことができるのかと思うかもしれませんが、それを可能にする方法をお教えしましょう。

情報発信して信頼と安心を伝えよう

あなたの商品やサービスを求めている人が、あなたの元へ勝手に集まってきてくれれば、特殊なセールススキルなんてなくても、ビジネスをうまく進めて行くことができます。

この話をすると、「そんな方法があったら今すぐにでも知りたい」という人もいれば、「そんなうまい話あるわけないだろ」という意見も出てきます。

もちろんうまい話ではありません。きちんとやるべきことをやらなければ、お客さんが集まってくることはありません。

では、どのようにしてお客さんをあなたの元へ集めるか?

多くの人は、知らない人よりも知っている人から商品やサービスを購入したいという心理を持ちます。だから、まずあなたは、お客さんから見て知っている人になることを考えましょう。そのためには、情報発信を行うのです。

情報を発信するということは、あなたの存在を多くの人に知ってもらうきっかけとなります。さらに、その業界の専門家という位置づけを生み出せます。

その結果、信頼や安心が生まれ、あなたの元へお客さんが集まるという流れと「◯◯ならあなた」という位置づけをつくるのです。

これは放置自転車ビジネスでもきっちりと仕込んでいることです。

放置自転車ビジネスパートナーは各々、地域一番店をめざし、「放置自転車撤去なら◯◯さん」という認識を持ってもらうようにしています。

そこに「日本一の放置自転車撤去の組織の一員」という後ろ盾を持って対応することができるので、その信頼と安心感はさらに強くなります。

このように「◯◯ならあなた」というポジションをつくることができれば、お客さんはあなたを見つけ出し、あなたの元に集まるようになり、優位にビジネスを進めることが可能となるのです。


「情報発信して商品・サービスへの信頼と安心感を高める」まとめ

情報発信することで業界の専門家の位置づけができれば、自然とお客さんが集まるようになり、優位にビジネスを進めることができる。