営業力

どのようなビジネスでも営業はお金の入口ですから、独立起業するなら営業力が欠かせません。

とはいえ、誰でも最初から営業力があるわけではないので、学んで身につける必要があるものの、単に営業の知識をつめ込めばいいというものではありません。

営業力を身につけるために大切なことをお教えします。

営業力はくり返しの中で身につく

私は、まずはじめに営業に関して学びや経験を重ね、深掘りしていったことが結果的にプラスに大きく働きました。

セールイズパワーという通り営業はお金に直結する入り口ですから、営業力はビジネスには絶対に欠かすことができません。

営業をつきつめていくことで、お金を稼ぐための間口が広くなっていきました。深さを追及するには、知識だけでなく経験を積む必要があります。

知識と経験を深めることで知恵に変えていくのです。知恵はお金に変えられる価値があります。そのためには学んだり、気づいたことを反復しなければなりません。

何度もくり返す中で質を高めるのです。

質は量からしか生まれません。ダメなやり方をくり返しても意味はありませんが、数をこなしながら修正し、質を高めるようにするのです。

営業は、行動しなければ絶対に結果は生まれません。行動を前提とすれば、営業力を身につけながら、目標設定や自己啓発的、成功法則なども同時に学ぶことができます。

それらもひとつひとつ実践して、量をこなしながら質を高めて自分の中に落としこんでいきました。

営業力をつける目的は

営業をつきつめていくと、コピーライティングやマーケティングを知ることになり、それらをつきつめていく中で、心理学に興味がわくようになりました。

笑い話ですが、心理学は深く入りすぎて催眠術まで覚えようとしたほどです。

よけいな知識がなかったので、とにかく貪欲にお金に直結させることを吸収していきました。学びを実践することで、良くも悪くも結果としてひとつの答えが出るので、とにかく楽しくてしかたがありませんでした。

ただし、深く掘りすぎると周りが見えなくなってしまいます。ほどよいところで止めないと、ただのマニアになってしまうので注意が必要です。

私たちは学者ではなく商売人です。

知的欲求は尽きることはありませんが、学ぶことが目的ではなく、学びをお金に変えるという目的を忘れてはいけません。


「営業力を身につけるには知識と経験の積み重ねが大事」まとめ

営業力は知識と経験を積み重ねて質を高めることで身につくが、学びをお金に変えるという目的を忘れてはいけない。