ビジネスセミナー

起業にはビジネスの知識やスキルが必要ですし、起業してからも経営者として学び続けなければなりません。

ビジネスセミナーに参加したり、ビジネス本を読む人も多いでしょう。特にそれらが有料であれば、多くを学び取りたいと思うものです。

その意気込みは大切ですが、では、何に価値を置いて学ぶべきでしょうか?

ビジネスセミナーや本で学んだ後が大事

多くの人は何かを学ぶとき、一度にたくさんの学びを求めます。

例えば、10万円のビジネスセミナーを受けるとしたら、とにかく1つでも多くの学びや情報を得て帰ろうと考えるのではないでしょうか。

10万円も払っているのだから、無料のセミナーよりも本気になるのはわかりますし、その意気込みはすばらしいものです。

私は何かを学ぶときは、たったひとつでも学びや気づきがあればよいと考えます。

1500円のビジネス本でも、10万円のセミナーでも、ひとつの学びや気づきがあればいいと思ってお金を払っています。

はじめから期待値を下げるということではなく、そのひとつの学びや気づきに行きつくまでに、費やしていたであろう時間やお金をかけずに知ることができた、という考えで私はいます。金額の多寡ではなく、気づくことができた対価として、学びを受け入れるようにしています。

もちろん、学びや気づきが多ければうれしいですし、得した気持ちになることは、私にもよくはあります。

ただ、学びが多いからいいとか、少ないからダメという判断ではありません。ひとつでもお金に直結させる学びを得て、実際にお金に変えることにじゅうぶんな価値があるのです。


「ビジネスセミナーやビジネス本から何をどれだけ得る?」まとめ

セミナーや本などから学ぼうとすることは大事だが、学んだことのひとつでもお金に直結させることに価値がある。