起業のリスクは自分でコントロールする

起業はリスクはつきものと言われます。

自分で起業をしたら、ビジネスに関するリスクは自分でコントロールしなければなりません。売上げが上がらない、借金が返せないといった状況がリスクであるなら、どのようにリスク管理していけばいいのでしょうか?

PR

リスク管理とは事前に手を打つこと

リスク管理というと、お金のことばかり考えてしまう人が多いかもしれませんが、それはリスク管理の本当の姿ではありません。

起業のリスクを管理するとは、そのリスクを抱え込まないように、事前に回避したり、対処することです。

例えば、起業するのに大きなお金を借り入れしなければならないことをリスクと感じるのであれば、大きな借り入れなしに始められるビジネスを考え起業するのです。

売上げが足りずに、生活に支障が出てきてしまうことがリスクだと感じるのであれば、「どのような状況になれば生活に支障が出るのか?」、「実際に支障が出たときはどう対処すればよいのか?」を事前に考えておきましょう。

スモールビジネスのすばらしいところは、自らの手で結果をコントロールできることです。

条件が整ったビジネスだからといって、成功するとは限りません。でも、リスクと感じていることはあらかじめ予測して、うまくいかない要素を排除し、成功確率を高めることは可能です。

PR

スモールビジネスではリスクは自分で管理する

リスクを口にする原因が不安からくるものであれば、不安を明確にし、ひとつひとつ潰していくしかありません。

スモールビジネスでは、自分の思うような結果が出せなかったとしても、あの手この手でよい結果を導き出すための努力を行うことで結果を自分の手で導くことができます。

例えば、サラリーマンの場合は、入社するまでは色々と会社のことを調べますが、入社後は会社が決めた方針に沿った生活スタイルになってしまいます。

人間関係などは別として、転職をしても大きく生活スタイルが変わらないのは、会社が決めた方針で動くことが決まっているからです。

本当のリスクとは、自分がコントロールできない範囲に決定権を置いてしまうことです。

自分でコントロールできないところにリスクを預けないことが、ビジネスで結果を出すためには必要なのです。

「起業のリスクは自分でコントロールする」まとめ

自分のコントロールできない範囲にリスクを置くな。真のリスクを理解し、予測、回避、対処法を考えておこう。
関連記事

どのビジネスにもリスクはつきものですが、特にスモールビジネスではリスク管理を徹底すべきです。 そのためには、つねにどのようなリスクがあるか認識し、経営者としての行動を極力シンプルにしていく必要があります。私は、これがスモールビジネスの基本[…]

IMG

PR