ビジネスを起こしたら、商品やサービスを売って収益を上げるのは当然のことですが、その前に決めておくべきことがあります。

それは、経営者としてのスタンスです。このスタンスはお客さんにどう向き合うかということの基本になります。経営者としてのスタンスをつくる上で大事なことをお話しします。

経営者としてのスタンスをどうつくる?

スモールビジネスの経営者としてのスタンスをつくる上で私が意識していることを伝えます。

スタンスというとハードルが高くなるので、人に対峙するときに気をつけていることとして、参考にしてください。

これは私が理想としていることなので、きちんとできているかどうかは受け取る人によって変わります。また、自分でも足りていないと感じることも多いです。ただ、意識して近づけようとすることが大切です。

 

・相手に不快感を与えないようにする

・全員に好かれようと思わないが、ムダに敵をつくらない

・全員が商品やサービスを購入するとは思わない

・誰に対しても裏表のない態度を取る

・出来ないことはできないと伝えるが、断る前に最良の提案はする

・結果は結果。それよりも最善をつくすことを意識する

・調子よく話を合わせない

・なぜそれを求めているのかを徹底的に聞く

・横柄ではなく堂々としている

・謙虚であろうとする

・常に対等であるよう意識する

・知ったかぶりはしない

・笑顔で対応

・ウソはつかない

・気持ちを込める

・準備を怠らない

・人の顔に泥を塗らない

・恩を仇で返さないよう意識する

・つねにお客さんにとって最良の選択となるよう提案する

経営者としての理想やベンチマークとは?

細かくあげればまだまだ出てきますが、ビジネスに対するあなたの思いや取り組み方を紙に書き、意識して実行する姿が大切だと思います。

ここでも、「何となく今までこんな感じでやってきたから」ということではなく、理想とする経営者のイメージを明確にして、そこに近づくようにしましょう。

一気にすべてを手に入れるのはむずかしいと思います。まずは1つでも良いので、理想としているイメージを手に入れるようにしてください。

スタンスについて色々お伝えしていますが、一番早くスタンスを身に着けることができるのは、他人をベンチマークしてしまうことです。

理想のイメージも大切ですが、理想をふくらませるよりも、実際に近くにいる人を参考にしてしまった方が早いに決まっています。

あなたの近くに、ベンチマークできる人がいるのであれば、ご飯に誘ったりしてその空気感を学び取りましょう。

もし、身近にベンチマークする人がいないようであれば、品格のあるお店やホテルなどに行って、空気感がある人を見かけたら観察するのも良いと思います。

「スタンスはあなたを写す鏡」だということを忘れずに、あなた自身のスタンスを磨き上げてください。


「スモールビジネスの経営者のスタンスを決める上で大事なことは?」まとめ

経営者としてのスタンスとはビジネスやお客さんにどう向き合うかということ。理想とするイメージを明確にすることが大事。