地域密着で一番店を構築し業界ナンバーワンを目指そう

起業したら、業界内で自分のビジネスを優位に進める方法を考えていくことが重要です。

業界ナンバーワンや地域一番店になると、自分のルールで優位にビジネスを進められるようになります。とはいえ、ビジネス資源に限りがあるスモールビジネスが優位に立つのは、むずかしいと思う人が多いかもしれませんが、分野を絞っていくことで地域一番を構築することは可能です。

スモールビジネスで地域一番店にることで得られるメリットをお伝えしましょう。

PR

スモールビジネスでナンバーワンになる方法

スモールビジネスで起業したら、地域密着で一番店を目指しましょう。地域一番になると、あなたのルールでビジネスを進めることができます。

世の中のビジネスの多くは、その地区や業界でトップの店や会社のやり方をベースにしてビジネスが構築されていきます。つまり、ベンチマークされる側に回ってしまいましょうということです。

リアルビジネスでは、地域の壁が必ず存在しますから、業界ナンバーワンよりも地域一番の方が、その地域ではスタンダードになりやすいという現実があります。

着物リサイクルでは、地域密着で一番店になったことで、「着物を売るなら、まずあそこのお店」といってもらえるようになっています。そうなると、着物の買取り価格のスタンダードをつくることができるのです。

放置自転車ビジネスでは、パートナーとして参画された方には、地域一番店を目指してもらうようにノウハウを提供しています。

私たちの放置自転車ビジネスは、業界ナンバーワンの組織を構築しています。いわば、業界スタンダードとしての地位を築いているわけですが、パートナーは地域密着で対応しながら地域一番店を目指し、その作業ノウハウを地場に落とし込んでいくことで、ライバルをよせつけない存在となるのです。

放置自転車ビジネスでは、大手管理会社、商業施設、大学、自治体などから依頼を受けて、自転車撤去に対応しています。業界スタンダードとしての地位を築くことで、依頼者は安心して依頼できるようになるのです。

PR

地域一番になることで業界を活性化させていく

ちなみに、放置自転車ビジネスでは、私たちが掲げたルールをほとんどの業者がマネをしています。

「マネされたら競争が激しくなるじゃないか!」という人がいますが、マネをされたら業界が活性化しますので、またお互いが努力をして良いサービスを考えていけばいいですし、表面的にマネされても、本質はマネされませんので正直あまり気にしていません。

差別化できない商品などは、マネをされると厳しいかもしれませんが、だからこそ知恵を絞って色々試してほしいと思います。特に地域密着ビジネスでは、マネばかりいている会社は、徐々に信用を失っていく傾向が強いように感じます。

何にしても、まずはどんな分野でも構わないので、地域密着で対応しながらスタンダードをつくり、地域一番になることで、あなたのやり方が、あなたの地区のスタンダードになるようにしてください。

「地域密着で一番店を構築し業界ナンバーワンを目指そう」まとめ

地域密着で一番店を目指すことで、自社のやり方が地区や業界のスタンダードになる。その集合体が業界ナンバーワンへの足掛かりとなる。
関連記事

お客さんが買い物のために移動できる範囲にあたる「商圏」というものがあります。 自社の商品を買ってもらうには、その商圏の中で、お客さんに選んでもらわなければいけません。これは、ビジネスをする側からすると「地域の壁」といえるかもしれません[…]

地域一番店
ローリスク。自分時間で対応。副業OK。社会問題を解決しながらお金を稼ぐ。そんなビジネス手段を探している方へ。
詳細はこちらから確認できます
放置自転車ビジネス
PR
>【新刊出来】読者限定4大プレゼント!

【新刊出来】読者限定4大プレゼント!

スモールビジネスを手段として、時間とお金に縛られないライフスタイルを手にする、ビジネス自動化から手離れさせる、ビジネスモデル構築法を全公開。 これからの時代は「スモール」が最強のスタイルになる!

CTR IMG