起業したら、業界内で自分のビジネスを優位に進める方法を考えましょう。

業界ナンバーワンになると、自分のルールでビジネスを進められます。とはいえ、大企業とは違い、ビジネス資源に限りがあるスモールビジネスが優位に立つのは、むずかしいと思う人が多いでしょう。

実は、そうではありません。スモールビジネスがナンバーワンになれる方法をお教えしましょう。

スモールビジネスがナンバーワンになる方法

スモールビジネスで起業したら、地域密着で一番店を目指しましょう。地域一番になると、あなたのルールでビジネスを進めることができます。

世の中のビジネスの多くは、その地区や業界でトップの店や会社のやり方をベースにしてビジネスが構築されていきます。

リアルビジネスでは、地域の壁が必ず存在しますから、業界ナンバーワンよりも地域一番の方が、その地域ではスタンダードになりやすいという現実があります。

着物リサイクルでは、地域一番店になったことで、「着物を売るなら、まずあそこのお店」といってもらえるようになっています。そうなると、着物の買取り価格のスタンダードをつくることができるのです。

放置自転車ビジネスでは、パートナーとして参画された方には、地域一番店を目指してもらうようにノウハウを提供しています。

私たちの放置自転車ビジネスは、業界ナンバーワンの組織を構築しています。いわば、業界スタンダードとしての地位を築いているわけですが、パートナーは地域密着で対応しながら地域一番店を目指し、その作業ノウハウを地場に落とし込んでいくことで、ライバルをよせつけない存在となるのです。

放置自転車ビジネスでは、大手管理会社、商業施設、大学、自治体などから依頼を受けて、自転車撤去に対応しています。業界スタンダードとしての地位を築くことで、依頼者は安心して依頼できるようになるのです。

地域一番店になるには、地域密着で対応するということです。

地域密着で対応しながらスタンダードをつくり、地域一番になることで、あなたのやり方が、あなたの地区のスタンダードになるようにしてください。


「スモールビジネスは地域密着、業界ナンバーワンを目指そう」まとめ

地域に密着して一番店を目指すことで、自社のやり方が地区や業界のスタンダードになり、業界ナンバーワンになれる。