起業して社会問題を解決したいという人がいます。りっぱな志ですが、起業することは自分でビジネスを起こしてお金を稼いでいくということです。

どのようなビジネスでも、継続していくにはお金がかかります。お金を稼ぐためには、お金が必要なのです。また、社会問題を解決するには、時間もお金もかかります。

お金を稼ぎながら、社会問題を解決することは可能なのでしょうか?

お金を稼ぐのは何のため?

最短でビジネスの結果を出すためには、「お金を稼ぐことに集中」しなければなりません。

余計なことをしていては、あっという間に時間が過ぎていきます。時間が過ぎるということは、同時にお金も出ていくことを意味します。

ご飯を食べるにも、移動をするにも、必ずお金がかかります。もちろん何かを仕掛けるときには先にお金が動きます。

だから、まず最初にお金を稼ぐことができなければ、ビジネスが干上がってしまいますし、次の手を打つことが困難になってしまいます。

ビジネスが干上がれば、あなたの生活は沈没します。

そもそもヒト・モノ・カネをはじめとして、ビジネスを行なううえですべてが不足している状態の人間が、ビジネスを複雑にして余計な時間をかけてはダメなのです。

私は放置自転車という社会問題を解決させながら、それをビジネスとしても成立させている放置自転車ビジネスに深く携わっていることもあり、講演会などで「社会問題を解決させながらお金を稼ぎたいのですが、どのようにすればいいですか?」という質問を受けることがあります。

お金を稼ぐことが先決

とても厳しいことを言うようですが、このような質問に対して私は、「お金を稼ぎたいのですか? それとも社会問題を解決させたいのですか?」と聞いてみます。

ほとんどの方は、両方を手にしたいと言うのですが、ビジネスを立ち上げたばかりの人が、いきなり両方を手に入れることは、言うほど簡単ではありません。

私は「自由な時間とお金を手に入れる」というテーマのもとビジネスを行なってきました。実際にそれを手に入れることができたいま、楽しさという新たな要素も加わりましたが、物事を判断するうえでの基準は変わりません。

自由な時間と自由なお金は、同時に手に入れることはできないのです。

お金を稼いでから、自由な時間を手に入れるのです。

まずはお金を稼ぐことが必要なのです。

そのためには、最短でお金を生み出すやり方と考え方を身につけなければなりません。

まずは、お金を稼ぐことに集中しなければならないのです。


「お金を稼ぐことと社会問題を解決することは両立できる?」まとめ

自由な時間とお金は同時に手に入れられない。社会問題の解決を目指すなら、まずお金を稼ぐことに集中するべき。