マイナス感情

ビジネスでお金を稼ぐためには、モチベーションを高める必要があります。

「成功して誰かを見返してやりたい」といったマイナス感情をパワーに変えるのは悪いことではありません。しかしながら、いつまでもマイナス感情をパワーの源にするのはどうかと思います。

ビジネスをしていく上での感情のコントロールの仕方について考えてみましょう。

マイナス感情に支配されないことが大事

「誰かを見返したい」というのもモチベーションアップにつながるでしょう。

これはマイナス感情から生まれるパワーですが、初期段階ではフル活用してほしいと思います。しかし、いつまでもマイナス感情だけでモチベーションを保ち続けるのは、ちょっと悲しくないでしょうか?

ビジネスでは、とても素晴らしく楽しい結果を手にすることができます。

そのマイナス感情のおかげでがんばることができたのですから、ある程度結果が出てきたら、マイナス感情の源になった人達に感謝できるくらいの考えを持ってほしいと思います。

私は借金を抱えていたとき、夜に運転代行のアルバイトをしていたことがあります。

夜の街はお酒を飲んで楽しそうな顔をしている人が沢山います。その中には知り合いや同級生の顔を見かけることもありました。

そんな楽しそうにしている人達の姿を見て、「こんな生活から1日も早く抜け出して、絶対成功してやる!」という思いを抱きましたが、それで誰かを妬んだりひがんだりはしませんでした。

マイナス感情が強すぎる人は幸せそうな人を見ると、意味もなく誰かをうらんでしまったりするようですが、そんな感情を抱いても誰も幸せにはなりません。

私たちは聖人君子ではありません。人は気をつけていてもマイナス感情を抱くことはあります。

でも、意識して、そういう感情に心が支配されないようにすることが大切です。

モチベーションをアップする方法は人それぞれでいいのですが、ネガティブな要素ばかりに焦点をあてるよりも、せっかくお金を稼ぐのですから、自分の身近な人の幸せや明るい未来を思い描いた方が、つらいときも乗り越えられると私は思います。また、その方が幸せになれると思います。


「マイナス感情をコントロールしてモチベーションアップを」まとめ

マイナス感情もパワー源になることもあるが、ビジネスを続ける上ではポジティブでいる方が逆境を乗り越えやすい。