自営業と比べてサラリーマンの生活は安定しているとよくいわれます。

安定とはリスクが低いことでもありますが、本当にサラリーマンは自営業者よりもリスクがないのでしょうか?また、脱サラして独立起業することはリスクの中に飛び込んでいくことになるのでしょうか?

働いて生きていく上でのリスクについてよく考えてみませんか?

サラリーマンが抱えるリスクとは

独立して起業することは、「他人に預けてしまったリスクを取り戻すことだ!」

私は、世の中でサラリーマンが一番リスクを抱え込んで生きているのではないかと感じています。

生きる上で一番大切な収入も、時間も、場所も、休みも、「人生のほぼすべての要素を会社に決められてしまう」のは、リスク以外の何ものでもないと思うからです。

リストラや会社が潰れるといった不安要素や、給料が安いとか休みが少ないといった不満をあげればキリがありませんが、会社員として働けば、一応の生活の安定は保つことはできるという意見もあるでしょう。

一流企業に滑りこむことができれば、社会保障やお金の悩みは、少なくとも解消される可能性は高いこともわかります。

しかし、あなたが会社員にも関わらず、このサイトに来ているのなら、仕事に追われる人生はイヤだ、もっと自由に生きたい、会社を辞めて独立を考えている、ダブルワークとして収入を得たい、などという考えが、ぼんやりでも頭の中のどこかにあるのだと思います。

独立起業してリスクをコントロールする

もしかしたら、すでに職を失って自分でお金を稼ぎ出さなければならない状況におちいっているかもしれませんし、サラリーマンが抱え込んでいるリスクに気づいてしまったのかもしれません。

理由は何にしても、今までの生き方に漠然と疑問を抱いていたり、何か人生をひっくり返すきっかけを探しているのであれば、私は力になれます。

なぜなら私自身が、ビジネスを手段として人生をひっくり返してきたからです。

自分の人生を誰にもコントロールされずに思うように生きていくためには、自分の力でお金を稼ぎ出すことが、何よりも必要なスキルになります。

お金を稼ぎ出す力をマスターできれば、どんな状況におちいっても、生きていけるということです。

それ以上に、自らの手で明るい未来を作り出せるということです。


「独立起業とサラリーマン、リスクが高いのはどっち?」まとめ

サラリーマンは安定して見えるが、リスクを会社に預けているだけ。お金を稼ぐ力があれば、自分でリスク管理できる。