起業してビジネスで成功するには、それなりのプロセスを経ていく必要があります。

それは成功という結果を出せるよう、ビジネスの仕組みを構築していくことになります。

それをやっていくのは経営者である、あなた自身です。

ビジネスのプロセスを構築していくには、何が必要なのかわかっていますか?

ビジネス構築のためには行動を明確に

ビジネスのプロセスを構築するためには、行動の1つ1つを明確にしていく必要があります。そのためには手の届く範囲からその行動を1つ1つ潰していかなければなりません。わかりやすく言うと、ステージを細かく分け、さらに小さくゴールを決めるのです。

ステージを分けるときにはゴールから逆算するのがよいです。○○が必要だから□□という行動が必要という感じで、やるべきことを明確にするのです。

例えば、車で温泉へ旅行をするとします。

温泉に行くというのがゴールとなるわけですが、それだとイメージが大きすぎるので、温泉に何をしに行くのか? どこに泊まるのか? 移動手段は? というようにゴールから流れをイメージするのです。

その流れが決まったら、予定を立てるステージ、荷物をまとめるステージ、運転するステージ、観光するステージ、というようにステージを細かく分けます。

ステージ分けしたら、次に行動に落とし込んでいきます。

ビジネスのプロセスを分解する

車を運転するステージならば、車を発進させるという小さなゴールを設定し、鍵を手にする、家を出る、車のドアを開ける、シートに座る、ミラーを合わせる、シートベルトをする、エンジンをかける …といった具合です。

こういう感じでプロセスを分解すればよいのです。書き出したなかで、わからないポイントも含めて、絶対にクリアしなければビジネスにならないポイントに優先順位をつけていくのです。優先順位の高い順にテストや偵察や情報収集を行ない、また新たに不透明な部分が出てきたら同じことを繰り返し、プロセスを透明にしながら、構築していくのです。

プロセスは、1つ1つクリアしていかなければなりませんので、常に自分がどんな情報を求めているかを明確にし、順を踏んで収集していくという思考を連鎖させないと、的確な情報を集めることはできませんし、効果的な行動を取ることもできなくなり、結果的に成功どころか、ビジネスが難しくなってしまいます。

紙に書き出すということは、意識しなければできません。

それをやるだけでも、ものすごく大きなヒントを自分で自分に出していることになるのです。最初は難しく感じるかもしれませんが、常に意識していると無意識に思考の連鎖ができるようになり、成功へ近づけるはずです。


「ビジネス成功へのプロセスはどう構築する?」まとめ

ビジネスを構築するには、ゴールから逆算してやるべきことをステージ分けし、必要な行動を1つ1つ明確にしよう。