スモールビジネス30

独立起業したなら、当然ながら、あなたは経営者です。

経営者の仕事は人を育てることや資金調達などといわれますが、スモールビジネスでは、経営者が会社のすべてです。つまり、ビジネスを構築するのも、お金を稼ぐのも、あなた自身に他なりません。

それが、どういうことか認識しておきましょう。

スモールビジネスでは経営者がすべて

スモールビジネスでは、あなたがすべてです。あなた以外にお金を生み出すことができる人間はいません。

もし、あなた以外にビジネスを構築する人がいれば、それはあなたのビジネスではなく、その人に依存したビジネスになってしまいます。

だから、お金を稼ぐ流れはあなたがすべてつくり出し、つねにコントロールできる状況にしておかなければならないのです。

経営者の仕事は人を育成することだとか、銀行からお金を引っ張ることだとか、いろいろいわれていますが、スモールビジネスでは、お金を生み出す流れをつくることができなければ、ビジネス自体が成立しません。

そもそも、銀行からお金を借り入れしなければ回せないようなビジネスには我々は手を出すべきではありませんし、人を育てるのはお金がきちんと稼げるようになってからでかまいません。

経理を覚えたり、お店のレイアウトを考えたり、一見やらなければならない仕事は多いように感じますが、それらは後から覚えてもお金を稼ぐことに支障はないのです。

つまり、お金を稼ぐこと以外は優先順位が圧倒的に低いということです。

お金を生み出すことができたら、それを流れとしてつくり上げていきましょう。まずはお金を稼ぎ出す流れをつくらなければ自由な時間を手に入れることはできません。

あなたの仕事はお金を生み出す流れをつくっていくことです。それ以上に大切な仕事はありません。

このことを念頭にビジネスをつくり上げていってください。


「スモールビジネスでは誰がお金を稼ぐのか?」まとめ

スモールビジネスでは経営者がすべて。経営者自身にとって、お金を生み出す流れをつくる以上に大切な仕事はない。