ビジネスを立ち上げたら、次はお金を稼ぐ体制づくりになりますが、その絶対条件であるのが集客です。

お金を稼ぐには、お金を運んでくれるお客さんを呼び込めなければ意味がありません。

まさに集客はビジネスの要。しっかりとそのスキルを身につけましょう。

そのための方法をお教えします。

集客の3つのスキルとは

集客するには「マーケティング」「セールス(コピーライティング)」「顧客心理の理解」という3つのスキルを高めていくことが大切だと私は考えています。

セールスの流れを文字にしたものがチラシでありセールスレターなのです。それを表現するスキルがコピーライティングということになります。

セールスもコピーライティングも、お客さんに安心させたり信頼してもらったり疑問に答えたりしながら購買へとつなげていくものです。

そのメッセージをお客さんに「見せたり、聞かせたり、読ませたり」と、どの方法で届けるかというだけの違いであって、お金を払ってもらうという最終目的は同じですので、あまりむずかしく考えなくてもよいと思いますが、セールスとコピーライティングのお互いのスキルを高めることがお金を生み出すにはとても効果的です。

集客力の基本はチラシづくり

これらのスキルを1つ1つ理解しマスターしていこうとすると、とても時間がかかってしまうのですが、実は短期間に身につけられる方法があります。

それは、「チラシ」をつくることです。

反応のあるチラシは、「マーケティング」「セールス(コピーライティング)」「顧客心理の理解」のスキルの向上なくしてつくることはできません。

なぜなら、反応のあるチラシには、この3つのエッセンスがちりばめられているからです。逆に言えば、反応のあるチラシをつくろうとすることが、この3つのスキルを最短で向上させる方法なのです。

反応のあるチラシをつくることができれば、DMや小さな広告枠やPOPなど、とにかくビジネスすべてに応用が効きますし、そのチラシは営業資料としても使えます。

さらに、チラシのイロハがわかってしまえば、他社のチラシやマーケティングプランを分析する力がどんどん増します。


「集客のための3つのスキルを身につける方法とは?」まとめ

どのビジネスにも必須の集客スキル。反応のあるチラシをつくることは、最短で集客スキルを身につけることにつながる。