集客力のあるチラシをつくるには、言いたいことが簡潔にお客さんに伝わるキャッチーなコピーがほしいものです。

しかし、良いキャッチコピーができれば、それだけでOKというわけではありません。

人間は意外と書いてあるものをきちんと読まないものです。キャッチコピーの効果を確実にするためのチラシのパーツを知っておきましょう。

集客のための念押しをサブキャッチで

サブキャッチは、キャッチコピーの次に読まれる要素です。キャッチコピーで伝えきれなかった情報を補足的に伝えることが多いと思います。

キャッチコピーが「なぜ 年以上も花粉症に悩まされた私が、マスクもメガネもティッシュもなしで春先の公園で孫と一緒に遊べるようになったのか?」であれば、サブキャッチには、「その秘密は、あなたがスーパーで目にするあの果物にあったのです!」という感じでさらに興味を引きます。

キャッチコピーの集客力をより高める、いわば、集客のために情報の念押しをするのです。

人は他人の話を本気で聞きませんし、文章を隅から隅まで読むこともしません。それを理解したうえで、少しでも耳を傾けてもらい、読んでもらうために「これからお伝えする情報は大切なことですよ」と表現するのです。


「集客力のあるチラシにはサブキャッチも大事な情報」まとめ

チラシなどの集客ツールではキャッチコピーをより引き立たせるためのサブキャッチも重要な要素。