お金を稼ぐことに対して嫌悪感や罪悪感を持つ人がいます。

また、お金を手にしたことで人が変わってしまったなどと耳にしたこともあるでしょう。

しかし、それはお金が悪いのではありません。お金にまつわる問題はお金を扱う人間が起こすのです。

お金は道具に過ぎません。お金に翻弄されずに、明るい未来を手にするための心構えを知っておきましょう。

お金を稼ぐことへのイメージは…

「お金を稼ぐことが大切だ」という話をすると、罪悪感や嫌悪感や恐怖心を抱く人がいます。しかし、資本主義という社会のなかでビジネスを行なうことは、極端に言えば、お金を稼ぎ出せなければ、存在意義がないということです。

もちろん、誰かを騙したり悪さをしてお金をむしり取るのは論外ですが、ルールに沿って自分が行なったことへの対価としてお金をいただくのですから、お金を稼ぐことは悪いことでも何でもありませんし、そこに罪悪感や嫌悪感を抱くのは筋違いです。

もし、お金をいただくことに罪悪感や嫌悪感を抱くのであれば、それは自分のなかにあるお金に対する感情の表われですので、そういう感情は一度リセットすることをお勧めします。

人間はさまざまな感情を抱きます。特にお金が絡むと、優先順位が狂ったり、行動が鈍ったり、判断を間違えてしまったりと、非常に多くの問題が出てきます。

そうならないためには、事象と感情を分けて物事をとらえる癖をつけ、なるべく自分の心をニュートラルの状態にしておくことが大切です。

お金を稼ぐことがビジネスだから

お金を手にしたことで性格が変わったとか、人生を狂わせてしまったという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、それは性格が変わったのではなく、もともとその人のなかに眠っていたさまざまな欲望や感情が、お金を手にしたことで表面に現われただけなのです。

お金が悪いのではなく、お金を扱う人間がすべての原因です。

お金を稼ぐことは、悪いことでも忌み嫌うことでもありません。あなたが抱くお金持ちのイメージがよくないのであれば、あなたがそうならないように気をつければいいだけです。

明るい未来を手に入れるためにも、お金という道具に感情を支配されないように自分をコントロールすることが大切です。

お金に感情を支配されないように、常に自分の心と向き合い、ビジネスを手段としてきっちりと稼ぎ切ってください。

お金は単なる道具であり、お金を稼ぐことは生きるための手段です。お金があっても不幸な人はたくさんいます。お金がなくても幸せに生活している人もたくさんいます。

どちらが良いとか悪いという話ではなく、お金があって幸せに生きることができればとても素晴らしいことだと思いますし、それを手にできるのもビジネスの魅力と可能性なのです。その魅力と可能性を具現化する手段として、必要なのがビジネスの仕組みなのです。


「お金を稼ぐことは明るい未来を手にするための手段?」まとめ

お金は単なる道具。お金について感情的にならず、翻弄されないように自分をコントロールしながら、お金を稼ぐことが大事。