今このサイトに来ている人の中には、サラリーマンをしながら いつかは起業しようと考えている人がいるでしょう。また、サラリーマンはつまらないから、今すぐにでも起業したいという人もいるかもしれません。

起業の動機がどのようなものであっても、いったん脱サラしてしまえば、これまでとはまったく違うルールの中で生きて行くことになります。

それがどのようなことか、わかっていますか?

起業したら、ルールが変わる

起業をするということは、自らの力だけでお金を稼ぐということです。

起業家としてビジネスを構築する側に回ると、自分が求めるだけのお金やライフスタイルを手にする可能性が一気に高まります。

これは何を意味するかというと、あなたの戦うフィールドが変わったということです。フィールドが変わるということは、戦うルールも変わるということです。

起業をすると決めた時点で、経営者の脳に頭を切り替える訓練をする必要があります。そのためには、経営者という立場と、会社員という立場ではどのようにルールが違うのかを把握する必要があるのです。

会社員であれば、毎月決まった日に給料が指定口座に振り込まれていたと思いますが、自分でビジネスを行うということは、どんなに働いても利益が残らなければ、給料はゼロということです。

会社のネームバリューはもちろんありませんし、社会的信用も一切ゼロです。極端に言えば、担保も保証人もなければお金を借りることさえできないのです。

起業したら、すべて自分考える

与えられた仕事をきちんとこなせば、いつもと変わらない日々を送ることができたかもしれませんが、起業家は誰かに何かの仕事を与えられるということはありませんし、仕事をこなしたからといっても、お金を稼ぐことができなければ、波乱の人生を歩むことになります。

やるべきことは全て自分で考え決断し、結果にこだわらなければなりません。誰も答えを導き出してはくれませんし、誰も助けてくれません。

人を雇えば給料を払う立場になりますし、仕入れや家賃の支払いなど、とにかく自分の懐から出て行くお金が驚くほど多くなります。

会社員時代は会社の水光熱費なんて気にしたことがなかったとしても、自分のお店や会社であれば、毎月の水光熱費を節約するようになるでしょう。

終業後に同僚とお酒を飲んで愚痴をこぼしていたかもしれませんが、そんな時間があるのであれば、お金を稼ぐことに頭を使う必要があります。結果を出せなければ、晩酌をして一日の労をねぎらっている暇はないのです。

起業家を評価するのは誰?

起業家は寝ずに働いたからといって、誰も評価してはくれませんし、一生懸命働いて結果を出したとしても、他人は評価してくれません。

自分の評価は自分でするしかないのです。そのハードルを決めるのもあなたです。

会社員時代は、上司の顔色をうかがったり、全体の調和を重視して遠慮したり、自分の評価を下げない為にチャレンジして失敗する事に臆病になってしまったりという場面があったかもしれませんが、起業家は腹をくくって物事に取り組まなければなりません。

失敗なんて恐れている場合ではないのです。失敗を恐れてチャレンジしなければ、お金を稼ぐことはできないのです。

起業家は、失敗の中から問題点を見つけ修正し、精度を高めて行くしかありません。

取り返しのつかない大きな失敗はしてはなりませんが、人よりも多くのプロセスの中から結果を導き出すことができれば、それはあなたにとって最高の資産となって帰ってくることでしょう。

だから1日も早く、サラリーマンのルールから経営者のルールを身に着けてほしいと思います。そのためには、サラリーマン時代に身についた習慣や常識は、一旦ゼロベースで見直す必要があるのです。


「起業してお金を稼ぐなら、サラリーマンのルールは捨てよう」まとめ

脱サラして起業したらサラリーマン時代のルールは一切通用しない。なるべく早く経営者のルールを身に着けよう。