起業してビジネスオーナーになれば、いろんな問題に直面します。問題解決に取り組むうち、あっという間に時間は過ぎてしまうもの。

スモールビジネスはただでさえ、ヒト・モノ・カネ・時間といった資源が限られているので、特に時間は大切にすべきです。とはいえ、問題が発生すれば対処しないといけません。

限られた資源のなかで、どのように問題に対処していけばいいのでしょう?

起業したなら「資産」を大切に

起業すれば、次から次へと問題が出てきます。その対応をしているうちに、時間なんてものは「あっ」という間に過ぎていってしまいます。

だから、はじめから問題を抱え込まないようにすればいいのです。そのためにはやらないことを決めるのです。

この真実に気づいてから、本当にいままでの労力の半分以下の力で楽に結果を出していけるようになりました。

どんな金持ちだろうが貧乏人だろうが、時間という資産は同じ1日 24時間です。

逆に言えば、ヒト・モノ・カネが不足しているスモールビジネスのオーナーが持つ最大の資産は時間しかないのです。起業したなら、その最大の資産をお金を稼ぐこと以外に使ってはいけません。

私は余計な問題とはなるべく関わり合いになりたくありません。だから、やらないことを明確にし、問題になりそうな要素ははじめから排除しています。

物事を排除し、シンプルにしていくことは、実はものすごくレベルの高い作業です。

なぜなら、物事の本質を理解していなければ大切な部分も削り取ってしまいかねないからです。

起業したら、やらないことを決める

でも、やらないことを決めるのは起業したばかりの人でもできます。もちろんはじめはそれを決めることも難しいかもしれませんが、理想とする仕事のイメージを持てば、かなり明確な判断基準が出来上がるのではないでしょうか。

ビジネスが複雑になっている場合の多くは、ヒト・モノ・カネ・手間・時間のどれかが原因で、「何となく面倒くさい」と感じるはずです。

これは、お金を稼ぐための行動に関してではなく、あくまでも「お金にならないことをする面倒くささ」のことです。

「お金にならないことをする面倒くささ」という感覚は、経験を積めば顕在化させられますが、はじめのうちは感覚で構わないので、その原因が何かを立ち止まって考えてみてください。

そのときは、「リスクを管理し、シンプルに徹する」というスモールビジネスの原則を思い出し、複雑になっていると気づいたところを修正するようにしてください。

ビジネスでお金を稼ぐコツは、このように無意識を意識することです。

ノウハウやテクニックは世の中にあふれていますが、ビジネスを形づくるのはあなたです。だから、あなたの無意識をあなた自身が意識してあげることが必要なのです。


「起業してスモールビジネスでお金を稼ぐなら時間を大切に」まとめ

ヒト・モノ・カネが限られるスモールビジネスのオーナーにとって最大の資産は時間。やらないことを明確にしよう。