ビジネスを立ち上げるからには、利益を出せるようにしなければなりません。

それは、ビジネスにともなうリスクを最小限に抑えながら、自分の商材を確実に現金化していくことです。

そのためには、ビジネスを始めるとき、また軌道に乗せていくにあたって、するべきことが3つあります。

今回は、この3つとは何かをお教えしましょう。

ビジネス立ち上げとは、どういうことか

ビジネスを立ち上げるといっても、決してお店を出したり事務所を持つことを意味しているのではありません。

ビジネスを立ち上げるとは、あなたが扱う商品やサービスがきちんとお金に換わり、しっかり稼ぐことができるビジネスとして成立させられるかどうかを明確にすることです。

ビジネスを行なううえで、リスクを完全にゼロにすることは難しいですが、できる限りリスクをコントロールし、最小限にすることは可能です。そのために、ビジネスを立ち上げるときには「テスト」「偵察」「情報収集」の3つを欠かしてはいけません。

「テスト」とは、大きな失敗をしないために、仮説を小さく試すことです。

「偵察」とは、異業種や同業他社からよいところをパクってしまうことです。

「情報収集」とは、お金を生み出す原資を集めることです。

ビジネス立ち上げから軌道に乗せるまで

「テスト」と「偵察」と「情報収集」は三位一体と理解してください。テストも偵察も情報収集も同時進行でぐるぐる回して精度を高めていくのですが、これらについてそれぞれなるべくわかりやすくお伝えしていきます。

私は着物リサイクルビジネスを知識も経験も何もない状態で始めましたが、それでもビジネスを軌道に乗せることができたのは、この3つを徹底して行なっていったからです。

放置自転車ビジネスも同じで、現在の「マンパワーに頼らずに誰がやっても結果を出せる」ビジネスモデルにするまでには、この3つを欠いてはつくり上げることができなかったといっても過言ではありません。

机上の空論ではなく、現場から生の情報を吸い上げ、しっかり稼ぐためには、「テスト」「偵察」「情報収集」の3つの精度を高めていくことが、ビジネスを立ち上げ、さらに軌道に乗せていくうえでとても重要なカギとなります。


「ビジネスを立ち上げてしっかり稼ぐために必須の3つのこと」まとめ

ビジネスを立ち上げて軌道に乗せるためには、「テスト」「偵察」「情報収集」をくり返し、リスクを最小限に抑えよう。