businessgenba2

ビジネスをする上で、「タイムイズマネー」は持つべき基本的な概念です。

とはいえ、自分ではそのつもりがないままに、意外と多くの人が日々の仕事をするうちに時間をムダにしています。ビジネス現場では時間の概念は非常に大切です。

時間の概念をしっかり持つとは、どのようなことか説明しましょう。

ビジネス現場での時間の概念を考える

日本人は全般的に時間に対して非常に意識が高いですが、ビジネスの現場では時間の概念が欠落してしまう人が多いように感じます。

その代表格は先延ばしです。

時間は有限でしかも平等です。どんな人でも1日は24時間と決まっています。

ムダな先延ばしは悪と考えるべきです。やると決めたことは必ず対応するようにしましょう。

何かを1日先延ばしにすることは、あなたの成功が1日先に延びることだと考えてください。

時間の概念というと、遅刻をしないとか、時間や期限を守ることなどを思い浮かべると思います。

特に日本人は遅刻に対しては、その本人の信用にまで影響してしまうので、自分の身を守るためにも意識しましょう。

時間を守ることは時計といった基準になるものがあるので判断しやすいはずです。

ただし、注意したいのが、目に見えないところで時間を奪おうとする人がいることです。

私は「時間泥棒」と呼んでいるのですが、用もないのに打ち合わせを求めてきたり、相談があるといっては、どうでもいい話をする人が本当に多いです。

ビジネス現場では時間泥棒に気をつけよう

営業マンなどにも「情報交換させてください」という人がよくいます。私はそう人に向かい、「何の情報を交換したいのですか? 私は特にあなたからの情報は求めてません」といってしまうことがあります。

これは意地悪をしているわけではありません。こういう人は、自分は大した情報も持っていないのに、「何か情報を吸い上げよう」とか、「少しでも仲良くなっておいた方が自分にとってメリットがあるな」といった下心があることが多いのです。

そんな他人の相手をしているほど、私は人間ができていません。

メールやソーシャルネットなども時間を奪うものです。

現代では、インターネットを介してのやり取りが多くなっています。いちいち細かく相手にしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまうので、気をつけなければなりません。

普段の生活の中であなたの時間を時間泥棒に奪われていないか、あなたが時間泥棒になっていないかはつねに意識するようにしてください。

成功している人ほど時間を大切にしようとする概念が強いと感じます。

これからは、相手の時間を尊重する心遣いのできる人が信用を手にし、ビジネスを優位に進めることができるのではないかと私は思います。

つねにタイムイズマネーを意識するようにしてください。


「ビジネスの現場ではつねにタイムイズマネーを意識するべき?」まとめ

遅刻や先延ばしをせずに自分の時間を大切にし、相手の時間を尊重する心遣いがあってこそ、ビジネスを優位に進められる。