スモールビジネスで起業して、がんばっているのに成果につながらないというケースがあります。

ビジネスの常識にしたがって、一生懸命努力しているのに報われない場合は、信じているその「常識」が違っているのかもしれません。

もし、そうだとすれば、いつまでたっても成功できず、努力がムダになってしまいます。

スモールビジネスで成功するための努力の仕方について考えてみましょう。

スモールビジネスで成功したいなら

なぜ、起業して一生懸命がんばっているスモールビジネスのオーナーが、なかなか結果を出し切ることができないのでしょうか?その原因は、実はいままで当たり前のものとしてとらえていたビジネス常識にあったのです。

世にある多くのビジネス常識は、ヒト・モノ・カネが潤沢に揃った大企業がつくり上げた商習慣と資本主義社会のルールがベースになっています。

私たちに届く情報は、実体のない机上の空論であったり、本当に稼いでいるのか疑わしい謎の自称専門家が好き勝手に論評したものであったり、大成功した経営者やいまをときめくスター経営者が書いた本であったり、事業拡大を前提とした考えのもとに書かれたものであったり、大学教授が書いた理論書的なものであったりがほとんどです。

大企業の経営者やスター経営者には華がありますし、誰が見ても上手くいっている方たちですから、その手腕や成功ストーリーが注目を浴びるのは当然です。

スモールビジネスにあった戦略を

普段、触れる情報に影響を受けてしまうのは仕方のないことですが、私はスモールビジネスで起業して結果を出すためには、スモールビジネスで結果を出すための情報を得て、やり方を学び、大企業がつくり上げた商習慣を見直し、スモールビジネスのフィールドで戦略的にビジネスに取り組まなければならないことに気づいたのです。

とても大切なことなので、もう一度言います。

「力のない者が起業して結果を出すためには、大企業のフィールドではなく、スモールビジネスのフィールドでビジネスに取り組むことが重要である」ということです。

本書でお伝えすることは、「ある一時期死ぬ気で頑張って最短で結果を出し、あとは一 生好きなことをして生きていく」です。つまり、「短期間だけはめちゃくちゃ頑張って、あとは自由な時間とお金を手に入れましょう!」ということです。

そのための重要な要素が「スモールビジネスに徹する」ということです。

実は、従業員を雇い入れたり、多店舗展開や多角化などで売上げを拡大するために会社を大きくするよりも、戦略的にスモールビジネスに取り組むことで、自由な時間とお金を手に入れやすくなるのです。


「スモールビジネス起業にまつわるカン違いとは?」まとめ

世にあふれるビジネスの常識は大企業のもの。スモールビジネスには、大企業とは違うスモールビジネスの戦略が必要。