起業するといえば、「リスクを冒す」ととらえられることが少なくありません。

しかしながら、本来、起業とはリスクを自分自身で管理するということです。スモールビジネスにおいて、ヒト、モノ、カネなどリスク要因となるものは複数ありますが、最終的にはすべてお金にからみます。

他人に頼らず、確実にお金を生むビジネスモデルを構築するには、リスク管理を追求していく必要があります。

そのための具体的な考え方についてお話したいと思います。

リスクを明確にすることとは管理すること

自らの手でお金を生み出すということは、リスク・責任・行動の所在を明確にすることです。明確にすることとは、あなた自身の手で管理することでもあります。

一般的には「起業=リスクを冒す」ととらえられがちですが、実は、起業とは、「リスク・責任・行動を自分で管理する」ことなのです。

責任や行動の管理というのは、ほとんど説明の必要はないことですが、行動できないといった問題を克服できない人が多いのも事実です。

ここでは簡単に、リスク管理についてお伝えしますが、リスクを管理するというのは、ヒト、モノ、カネをはじめ、ビジネスを展開するうえで考えられる危険をはらんだ要素ということですね。

特にスモールビジネスで危険性をはらむ要素とは、ヒト、モノ、カネなど複数ありますが、全て最終的にはお金にからんできます。ここでは漠然とで良いので、お金の流れを感じながら読み進めてください。

ビジネス立ち上げ時のリスク管理

まずは、立ち上げ時のリスク管理に関してお話しましょう。

私の着物リサイクルビジネスを例にとると、立ち上げ当初、着物が売れるかわからない状態で店舗を出すというのはリスクがあるのは、おわかりですね。

そこで、催事販売をくり返し、売れる状態を作ってから店舗を出しました。それでもまだどうなるか分からないので、店舗は倉庫として使用していたところの一角を利用したのです。

そして、そこでも売れるというのがわかったので、倉庫とは別の店舗を出すことにしました。つまり、収益が上がる形にしてから、やっと店舗を構えたのです。

収益が上がるようになってから店舗を出すということは、リスクは限りなく低いということが理解してもらえると思います。

最初に大きなお金を投資することはなく、売上げを高速で回転して利益を生むのでリスクを抑えられるのです。仮にうまくいかなかったとしても、このようにリスクを意識して手順を踏むことで、お金の心配を通常よりも少なくすることができます。

ヒトに頼らないこともリスク管理になる

次に、ヒトのリスクについて簡単に説明します。ヒトのリスクとは、「その人が辞めてしまったら仕事が回らない」ということです。

特殊技能が必要なビジネスや特別な資格が無ければできないビジネス、マンパワー(人手)に頼ったビジネスは人の管理が複雑になり、ビジネスを安定させるのが大変になる可能性があります。

人がいないと回らないというのは、人が動くのをやめたらお金の流れがストップしてしまうということです。

私がおこなっている放置自転車ビジネスを例にとると、放置自転車の撤去依頼を受けるためには営業が必要です。しかし、営業に頼ると、営業の結果によって業績が左右される危険性が常について回るのです。

これに対し、考えたのが営業に頼らない仕組みの構築です。

その仕組みを構築した結果、今日入社したばかりの営業未経験の女性社員でも、アルバイトでも、放置自転車の撤去依頼を取れるようにしたのです。

これが、ヒトに頼らなにビジネスモデル、つまり、ヒトのリスクを排除したのです。

リスク管理がビジネスのベース作りにつながる

カネのリスクについては、例えば、売上げを他人に委ねてしまうということですね。

どこかの会社の下請けや営業を外部に委託しているなど、お金の入り口を自分でコントロールできないビジネスはリスクが高くなる傾向が非常に強いです。

そして、リスク管理を追及していくと、「収益性が高いビジネス・人に頼らないビジネス・確実にお金を生むビジネス」になるのですが、それをベースに考えると、シンプルなビジネスモデルになっていきます。

それが、私の提唱するスモールビジネスのベースです。

これらのリスク管理を踏まえた上で、どのようなビジネスを選ぶのが良いかについては、もう少し後の章でお伝えしますが、まずは、ビジネスとはリスクを管理することだという認識を持ってください。

一見すると、なんとなく難しく感じるかもしれません。今まで話してきたことで

「新しい事を考え出さなければ起業は上手くいかない」とか、

「チャレンジ精神あふれた夢を持たなければダメだ」とか、

「カリスマ性がなければ社長になれない」とか、

「多くの従業員を雇用して会社を大きくできなければダメだ」といったことは、一切お伝えしていません。

とても大きな枠で話をまとめると、

・腹をくくってビジネスをおこなうこと。

・ビジネスはお金をかけずに小さく仕掛けろ。

・起業を含めてビジネスとはリスクを管理すること。

・それを追及するとシンプルなビジネスモデルになること。

・それらひもとくとスモールビジネスに落ち着く

といったことになります。

これだけでも通常の起業やビジネスの常識とは大きく異なるのですが、「1家四人を路頭に迷わせない」ためには、このスモールビジネスの考え方とスタイルでじゅうぶん結果を出せるのです。


「スモールビジネスとはリスク管理をすること」まとめ

確実に稼げるビジネスモデルを構築するために、リスク要因を排除し、リスク管理を追求していこう。そうすることで、自ずと目指すべきビジネスのベースが見えてくる。