起業家として生きていくには、自らの力でお金を稼ぐことが必須です。

「そんなことはわかっている」という人も多いでしょう。

ところが、実際に起業してみて、ペン1本からオフィスの賃料、従業員の給料まで、すべて自分で負担しなければならない現実に直面し、そのトータルコストの意外な金額に困惑するのです。

厳しいことではありますが、それが起業というもの。起業にはつねにお金の問題がついて回るのです。

したがって、お金を稼ぎ続けなければならないのですが、そのために大切なことをお伝えします。

お金を稼ぐことは、自分の力でお金を生み出すこと

あなたが、サラリーマンであれ、これから事業を立ち上げようとしている人であれ、すでに起業している人であれ、このサイトを見ているということは、背景や理由はともあれ、ビジネスでお金を稼ぎたいことに変わりはないと思います。

ましてや、タイトルに引かれてこのサイトにたどりついたのであれば、実際に倒産やリストラという憂き目にあってしまった、またはあなたの周りで、倒産やリストラの噂を耳にしたなど、あなたのお金に関する未来はあまり明るくないのではないでしょうか?

いずれにしても、自らの力でお金を稼ぐということです。ここでは、お金を稼ぐことについてお話していきます。

しつこいようですが、会社組織に属していれば、給料日には、あなたの銀行口座にお金が振り込まれていたでしょう。現在も会社勤めされている方は、毎月決まった日に給料が振り込まれていると思います。

仮に、会社が給与の支払いなく倒産したとしても、未払い分は満額ではないにせよ保証されています。さらに、会社都合で退職となった場合は条件を満たせば雇用保険が適用され、一定期間の生活は保証されます。

しかし、起業して自らの力でお金を稼ぐということは、そういった保証が一切なくなるということです。

「お金を生み出せなければゼロ」。起業とはそういうものです。もちろん、病欠も有給休暇もありません。起業をすると、お金を借りられない、ローンを組めない、クレジットカードを作れないなど、一般的な社会的信用も失うことになります。

つまり、あなたが起業家としての道を選んだ瞬間から、何の保証も社会的信用も全てなくなるということです。

したがって、とにかくお金を稼ぎ出すことが重要なのです。

「そんなことはわかっている」

そう、ほとんどの人はわかっているのです。あくまで、理屈では…。

お金を稼ぐことができなければビジネスではない

実際に起業してみると、驚くほどのスピードでお金が出ていくことに気づきます。

ペン1本からコピー用紙などの細々した備品から、仕入れ代金、お店を出せば陳列棚などの什器、オフィス賃料、移動費、水光熱費に通信費など、これまでは勤めていた会社が出してくれていたものすべてを、自らのお金でまかなわなければいけません。

社員を雇えば、社会保険料や厚生年金の負担、それらの手続きにかかる手間と時間、さらには税金など、今までそれほど気にならなかったものや、気づかなかったお金が出ていくことが否応なしについて回るのです。

正直に話しますが、私は起業してからしばらくは、必要なものだとは理解しつつも、そういう細々したお金が出ていくたびにムカつきを感じていました。

今でも、よけいな物にお金をかけたくはありませんが、起業とはそういうものです。

何を言いたいかというと、起業するということは、有無を言わさず、つねにお金の問題がつきまとうのです。

だからこそ、お金を稼ぎ出し、そして稼ぎ続けなければならないのです。これは資本主義社会というシステムの中で生きている以上、起業家であれサラリーマンであれ、お金の問題はつねについて回ります。絶対に避けては通れません。

「そんなにお金お金って言わなくても・・・」

もしあなたが、そんなことを少しでも思ったとしたら、その考えは今すぐゴミ箱に捨ててください。

お金が無い状態におちいると、冷静な判断ができなくなったり、言い訳を始めたり、誰かのせいにしたりと、とても不安定な精神状態になってしまう人がほとんどです。

特に起業家は、何の保証もない道を自らの足で進んでいかなければなりません。ですから、お金の話に嫌悪感を抱いたり、意識的に(無意識だろうと)避けようとすることは、はっきり言って、起業家にとって致命的な欠点です。

誤解を招くかもしれないのであまり言いたくありませんが、あえて極端な言い方をすると、「お金を稼ぐことができないのであれば、ビジネスをする意味がない」と私は考えています。

ですので、当然のこととして、お金を稼ぐとことをお伝えしていきますが、起業家として生きることとは、お金を稼ぐということを、心の底から理解してください。


「お金を稼ぐ起業家として、どう生きていくか」まとめ

起業すると、収入の保証や社会的信用がなくなる一方で、つねにお金の問題がついて回る。だからこそ、自らの力でお金を稼ぐことの重要性を心の底から理解しよう。