資金が限られるスモールビジネスでは、大きな失敗は許されません。

とはいえ、小さなテストケースを重ね、儲ける仕組みであるビジネスモデルを作り上げていくことも必要です。

そうして試行錯誤をくり返すには時間もかかり、気がつけば、手持ち資金が底をついていた、ということも。

時間と資金を節約し、儲ける仕組みを手に入れる方法についてお伝えしましょう。

儲ける仕組みづくりには失敗がつきものだけど

スモールビジネスでは、潤沢な資金を用意して起業するわけではないので、大きな失敗はできません。大枚をはたいたはいいが、家族を養うための生活費がふっとんでしまったのでは洒落になりません。

かといって、新しいことを始めるのに失敗はつきもの。むしろ、失敗を繰り返すことで、ビジネスモデルの質や効率を高めていくのが普通です。

失敗はしなければいけないけれど、大きな失敗は許されない。

そのためには、小さなテストを高速でくり返し、大きな痛手にはならない程度の失敗経験を積むべきです。ただし、それにはある程度の経験が必要ですし、まっさらの状態から始めて儲けられるようになるのは、それほど簡単ではないかもしれません。

気がついたら、時間ばかりが経って、お金がなくなっていたというのはよくある話です。こういうデメリットを解消するのによく行われるのが企業のM&Aと呼ばれるものです。

儲けを早く確実に出したいなら、

スモールビジネスでM&Aは難しいでしょうが、なるべく失敗は少ないに越したことはありません。早く儲けを出したいのであれば、すでに儲けが出ているビジネス手法を買ってしまうというのもひとつの方法です。

簡単にいうと、のれん分けやビジネスパートナー、提携というやり方です。また、イニシャルコストは高くなる傾向はありますが、フランチャイズビジネスがその最たるものです。

うまくいっているビジネスを買うことは、結果的に時間とお金の節約になあります。しかし、必ずしもうまくいかない場合もあります。したがって、ビジネスモデルを買おうと思うなら、こちらの記事「儲ける仕組みはどう作る?」を参考にしてビジネスを選択してください。

放置自転車ビジネスでは、パートナー制度を作り提供しています。興味があれば、ゲートプラスのホームページをご覧いただければと思います。


「儲ける仕組みを買うのも あり?」まとめ

大きな失敗ができないスモールビジネスでは、すでにうまくいっているビジネスモデルを買うという選択肢もある。