実は、起業することはそれほどむずかしいことではありません。

しかし、起業するのと、立ち上げたビジネスを継続していくことは全く別のことです。

お金を稼ぎ続けることができなければ、起業に成功したとはいえません。

起業して成果を得るためには、最初が肝心。成功に向けて進むために、まず何が大切なのかお話ししましょう。

起業成功のためには、入り口が肝心

以前にこのサイトでお話しした「起業ネタを選ぶための判断基準」は、ビジネスをおこなう上での一般的な重要事項に、スモールビジネスの観点から私独自のエッセンスを足したものです。

このエッセンスは誰かに教わったものではなく、廃業後、様々な実践の中から気づいた生の情報です。

ですので、一般的なビジネスセオリーに反するものも多くあります。

起業はいつでも誰でも簡単にできてしまいます。ただし、起業することとビジネスを継続させていくことは全く別物です。

そこで、どの起業ネタ、つまり、どのビジネスモデルを選ぶかという入口が大切になります。

そして、きちっとお金を生み出すロジックが重要なのです。

ビジネスは計画を綿密に立てたからといって、その通りに進んでいくことはありません。絶対に修正が必要になります。

しかし、そのときに、そもそものビジネスが複雑であれば、何をどう修正していいかわからず、失敗へと近づいてしまいます。また、キャッシュポイントが1つしかないビジネスなら、次のビジネスを探さなくてはなりません。

起業に大切な判断基準とは

もちろん、リスクヘッジのために他にもビジネスを所有するのは良い選択です。とはいえ、複雑な上にキャッシュポイントが1つという場合は、同じことの繰り返しになり、失敗につながる可能性が高くなります。

だから、このようなチェックポイントを理解し、ビジネスモデルを選択するための判断基準を持つことが重要なのです。

このサイトで再三お伝えしていますが、

ビジネスは「失敗するのも人」ですし、「成功するのも人」です。

すべての条件をクリアしたからといって、100パーセント成功するとは限りません。

最後は人です。だからこそ、腹決めが必要なのです。

どんなビジネスでも、何ひとつ苦労せずに結果が出続けることはありません。そんなときに支えになるのが家族であり、自分の中の意志の強さです。あなたの中の闘志は、ロジックでカバーすることはできません。

しかしながら、強いロジックのあるビジネスモデルなら、結果は出しやすくなります。それは、あなたの闘志をさらに強固にしてくれます。


「起業失敗か成功かはビジネスモデル次第!?」まとめ

起業するからにはビジネスを継続させなければ成功といえない。そのためには、最初にどのビジネスモデルを選ぶかが重要になる。