起業してビジネスを行っていくなら、お金を稼ぐ仕組みを作り上げる必要があります。

ビジネスの種類や業界により、商品やサービスがお金に換わる流れが異なりますが、業種が違っても、共通する要素もあります。

では、あなたが行うスモースビジネスでお金を稼ぐ仕組みを作るには、どうすればいいのでしょう?

集客はビジネスの核

私が着物リサイクルを始めるときに徹底的に調べたのが、「リサイクルという業界ではどのようなお金の流れでビジネスが成立しているのか?」です。

リサイクルビジネスでは、商品を集めることができればお金に換えられることがわかりました。これは、集客すればお金を稼ぐことができるのと同じことです。

スモールビジネスであれば、地域密着で行なうことが一番安定して収益を上げることができると思いますので、業種は違っても集客に力を入れているお店をベンチマークして、そのやり方を自社に落とし込むのが手っ取り早いかと思います。

小売業でも、飲食業でも、サービス業でも、基本的にはお金を稼ぐことの核になるポイントは集客です。

しかし、それぞれのお店や業種で集客の核としている手法は変わってきます。

例えば、媒体を上手に活用して集客をしているお店があるとします。媒体とひと口に言っても、チラシ、ラジオ、テレビ、新聞、雑誌、ミニコミ誌、フリーペーパー、看板、インターネットなどなど多種多様です。

集客が強いお店や会社は、そのなかでも必ず反応がとれる媒体やその媒体を使った独自のやり方を持っています(もちろんその手法は1つとは限りません)。

それが集客の核と見ることができるので、それを自社に取り込んでしまうことがビジネスを優位に進めるために重要なのです。


「集客がお金を稼ぐ仕組みの核になる」

どの業種でもビジネスの核になるのは集客。自らのビジネスにあった集客法を核にして、お金を稼ぐ仕組みを作ろう。