倒産やリストラとはいかないまでも、勤め先の会社が希望退職者を募り始めたら、どうしますか?

希望退職に応じずに会社に残る道はあるでしょう。しかし、その場合、これまでの給料や待遇が保証される可能性はほぼありません。

すぐに退職となはらなくても、これは否応なしに自分の身の振り方を考えなければならない状況ですし、誰にでも起こり得ることです。

そんな状況について、ちょっと考えてみませんか?

再就職、起業、それとも会社に残る?

もし、あなたの働く会社が40歳以上の社員を対象に希望退職を募り始めたら、どうしますか?

突然のリストラや倒産ではないだけ、まだマシですが、否応なしに自分の身の振り方を考えなければならない状況です。漠然とした不安が現実になった瞬間であることに変わりません。

転職しようとか、実家に戻って家業を継ごうとか、起業しようと思っていた人であれば、渡りに船でこれほどラッキーなことはありません。しかし、そんな都合よくことが進むケースはほとんどないと思います。

希望退職やリストラなどに応じないという選択をした場合、雇用形態や給与の見直し、仕事量の増加、残業代やボーナスの大幅カットなど、今までと同じ条件で働ける可能性はほぼないでしょう。

もちろん、労働条件が悪くなったとしても、定収入の道は閉ざされていないので、当面の生活への影響は職を失う人に比べれば大きくはないかもしれません。

とはいえ、大幅に人員を整理しても、本質的に業績が回復しない限り、今度はいつリストラされるかわからない状況に戦々恐々としながら日々を送ることになります。会社に残ることは転職という別の船へ乗り移るタイミングを失うことなので、会社に残ることも苦渋の選択であるのです。

再就職できなければ、どうなるか

一方、希望退職やリストラなどに応じた、いわゆる会社都合での退職なら、転職する際の面接などでも、退職理由が明確なだけに自己都合で退職した人よりも有利になります。また、普通よりも退職金を多くもらえたり、失業保険をすぐに受給できるというメリットもあります。

仮に給料未払いのまま会社が倒産してしまったとしても、満額ではないかもしれませんが、基本的には未払い分の給料は保障されます。これも会社都合なので失業保険をすぐに受給することが可能です。

ただし、それも永遠にもらえるというわけではありません。すぐに再就職できるかというと、そんな保障はどこにもないのです。再就職先が決まらなければ、そう遠くない時期に定収入がなくなるということ意味します。

理由はともあれ、会社を辞めるということは、無職になることです。

万が一、再就職先が見つかっていないときに、車を運転していて交通事故を起こしてしまったとします。その場合、ニュースや新聞に載る職業は「無職」です。例えば、あなたの名前が読み上げられ、44才・無職の男となるわけです。

40歳を越して「無職」という響きには哀愁を感じずにいられません。


「再就職できなければ、無職」まとめ

起業する、しないにかかわらず、定収入がいつまでも保証されるとは限らない。リストラなどの状況下での身の振り方をシミュレーションしておこう。