人材に頼らないとお金を生み出せないビジネスは、それだけでリスクになります。

また、人件費は売上げがあってもなくても出て行くお金です。経費の中でも大きなものなので、人材と売上げの関係をよく把握しておかないとリスクはふくらむ一方になります。

リスクも出て行くお金も小さくしたいスモールビジネスでは、人材についてどう考えるべきか、お話ししましょう。

人材を確保できないと、どうなる?

リスク管理に大きく関わることですが、人がいないと回らないビジネスは、それだけで危険がはらんでいます。

人材を確保できないとお金を生み出さないビジネスは、人件費の問題が常にからみます。人件費は売上げがあっても無くても必ず出ていく経費です。毎月決まって出ていく金額が大きくなるのはリスク以外の何物でもありません。

また、人材に依存するのも危険です。

それは、ある人材が辞めてしまうと仕事が回らないという状態です。特殊な技能はもちろん、経理ひとつとっても、その人が辞めてしまったら、会社がめちゃくちゃになるというリスクはあらかじめ排除する必要があります。

人材に依存することの危険性を考えよう

マッサージ店なども人材に依存したビジネスです。マッサージは人が施すので、人が売上げに直結するビジネスモデルです。

ということは、その人がいなくなった瞬間、その分の売上げが消えることになります。

しかも、そういう技術職はお客さんをもって独立したりするので、そうしたリスクも潜んでいることを理解しておきましょう。

さらに、トップ営業マンにオンブに抱っこも危険です。そうです、もうお分かりですよね?なぜなら、その営業マンが取引先を持ったまま辞めてしまったら、全てゼロになるからです。これでは、経営がうまくいくはずがありません。

スモールビジネスにトップセールスマンは必要ありません。トップセールスマンを確保したいのであれば、あなたがなるしかありません。

もし、人材が必要なビジネスであれば、外注できるかということも重要なポイントになります。自社で全ての人員を確保しなければならず、外注できないビジネスは、スモールビジネスではおすすめできません。


「人材確保できなければ、売上げが作れないことの危険性」まとめ

売上げを人材に依存するビジネスはスモールビジネスには向かない。外注できるかどうかも検討しよう。