会社の倒産やリストラで無職になったら、どうしよう?そんな不安を抱えている人も少なくないでしょう。

その不安の正体は「お金がなくなること」に尽きます。不安を不安のまま漠然と放置しておくと、やがてマイナス思考に陥り、心が蝕まれてしまいます。

不安の元がわかっているのですから、それを取り除きましょう。そのために、提案したいことがあります。

独立起業という1つの選択肢

あなたが抱える不安とは、倒産やリストラで職を失なったら、「自分たちが普通の生活を送れなくなる」ことではないですか?

無職になって「一家4人がご飯を食べていけなくなるのではないか?」ということではないですか?

近所の人や友人に「負け組と後ろ指を指されるのがイヤ」ということではないですか?

そして、無収入になって、仕事も決まらなかったら「借金まみれ・一家離散・ホームレス」という最悪のシナリオが頭をよぎるからではないですか?

ストレートに言いますが、このサイトを見ているということは、あなたが抱いている不安の正体は、「お金」ですよね?

お金が無くなることが不安なんですよね?

どんなに不安にフタをしてみても、「年齢的にも再就職はきついだろうな」「でも、独立や起業してお金を生み出すすべを知らない」という現実を把握しているからですよね?

いずれ来るかもしれない不安が現実となったとき、何もできない自分に気づいているからですよね?

それならば、その不安の元を取り除いていくことが必要だと思います。不安を不安のまま置いておくと、自然と増幅して恐怖へと変わります。恐怖はさらに不安を生みだし人間の心を蝕んでいってしまうものです。

でも、不安の元が分かれば、その不安に対する対処法を明確にできます。

その不安の元を取り除くひとつの提案としてお伝えしたいのが、「自分の力でお金を稼ぐ」という道です。

つまり、サラリーマン人生から、会社に頼らない「起業家」という道へチェンジして生きるという道があることを伝えたいのです。

独立起業することで根本的に変わるもの

突然の提案で、驚きを隠せないかもしれません。しかし、サラリーマン生活に不安を感じているのであれば、そこにいる以上は何の解決にもならないのです。であれば、サラリーマンのステージから、独立して起業家のステージへと移ることが本質的な解決策のひとつと考えられます。

起業家と言っても、100年も200年も続くような会社を作る必要はありません。自分が年金をもらえる頃までとか、年金をもらいながらできるようなビジネスであればいいのです。

それならできそうな気がしませんか?

今の世の中の流れを見れば、サラリーマンでいる道を選んでも、起業家としての道を選んだとしても、結果に大きな差があるかどうかはわかりません。

それなら、今までの人生を否定されたままサラリーマンとして再就職するよりも、起業家として道を切り開いていく方が、あなたの人生の未来は明るいと思いませんか?

もちろん、起業をけしかけるだけけしかけて、後はほったらかしという無責任な話ではありません。きちんと、「どのようなビジネスを選ぶのが良いか」「ビジネスを通して1家四人が心配なく生活を送れるようにするためにはどうすればよいか」という根本的な解決策の提案をさせていただきます。

決して無責任な思いつきや軽い気持ちで「仕事がないなら独立起業しちゃいなよ」などとお伝えしているのではありませんので、心を落ち着かせて話を聞いてください。

なぜそんなことが言えるかというと、私も結構痛い目にあったからなのです。


「独立起業すれば、不安を減らせる」まとめ

お金がなくなることに不安を感じているなら、それを不安のまま放置せず、不安の元を取り除こう。独立起業はその選択肢の1つ。