smallbusiness28

スモールビジネスは文字通り小さな会社ですから、ヒト・モノ・カネに限りがあります。

しかしながら、それはお客さんには関係ありません。また、圧倒的な資金力を持つ大手企業もライバルになりますが、生き残っていくためには、大手と同じ土俵に立ってはいけません。

どのようなスタイルで戦うべきか、お教えします。

スモールビジネスのビジネススタイルとは

ビジネスを立ち上げた瞬間から、大手だろうが中小だろうが、スモールビジネスだろうが、横一線で勝負しなければなりません。

現実は、ヒト・モノ・カネをはじめ、すべてにおいて絶対に埋めることができないほど、大手企業とは圧倒的な差がついています。

しかし、お客さんはそんなことを気にして「大手だから1,000円使おう、新しいお店だから10,000円使ってあげよう」などといってお金を上手に使いわけしてくれるほど、やさしくも甘くもありません。

お金の亡者がひしめき合う世界で、会社の規模や能力に関係なく、あなたは裸一貫で戦い結果を出していかなければならないのです。

資金力のある大手企業と違い、我々のような、ヒト・モノ・カネが圧倒的に不足している状態では、必然的にできることは限られてきます。

大手と戦いながらビジネスを構築し、限られた手立ての中で資金を枯渇させないように、お金を稼ぎ続けなればならないという現実がそこにはあるのです。

大手の土俵で戦えば、一瞬で蹴散らされて終わってしまいます。

大手と同じようなビジネススタイルでは、ガチンコ勝負となることは目に見えています。ガチンコ勝負になれば、戦う前から負けは確定されているようなものです。

そうならないためには、大手のフィールドで戦ってはいけません。また、大手のビジネススタイルは参考になりません。

スモールビジネスという自分たちのフィールドをつくり、そこで勝負をするのです。

それが私の提唱する、スモールビジネスというビジネススタイルです。


「スモールビジネスでは大手企業のビジネススタイルは参考になるか?」まとめ

スモールビジネスは、規模や資金力で圧倒的に差がある大手とは同じ土俵で戦うのではなく、自分たちのフィールドをつくり、勝負する。