起業しても成功するとは限りません。かくいう私も、ビジネスを廃業させたことがあります。

いったん失敗すると、もう2度と起業しないという人もいますが、私は、再チャレンジの結果、今では自由な時間とお金を手にすることができました。

私が再起できた経緯について、お話ししたいと思います。

スモールビジネスに特化して再起

私は、福島県いわき市の工業高校を卒業してから、7年ほど調理師として働いていましたが、朝から夜遅くまで働く生活に、明るい未来を見出すことができずに、26歳のときに起業しました。

しかし、現実から逃げ出したいという理由で、しかもほぼ思いつきで立ち上げたビジネスがうまくいくほど、お金を稼ぐということは甘くはなく、わずか1年で廃業させてしまったのです。残ったのは、妻と当時1歳になったばかりの長女、それと借金でした。

再チャレンジするまでは、不遇のときを過ごすことになりましたが、現在は、着物リサイクル、ビジネス支援、放置自転車回収の3つの事業に携わり、「自由な時間とお金」を手にし、精神的にも充実した毎日を送ることができるようになりました。

私が再起し成功できたのは、ビジネススタイルによるものが大きいと思います。

このサイトでは、スモールビジネスというビジネススタイルに特化して、どのような思考と手法でビジネスを構築し、お金を生み出すかということに集中してお伝えしています。

机上の空論ではない、私自身が廃業や借金、再チャレンジするという自らの経験を通して身に着けたお金を生み出すエッセンスをまとめあげたのです。


「スモールビジネスで再チャレンジして得たもの」まとめ

いったん起業に失敗しても、スモールビジネスのスタイルに特化してビジネスを構築し、お金を生み出すことに集中したことで、成功できた。