どのようなビジネスでも核となるのは集客ですが、そこからお金を生むまでの仕組みづくりをしなければなりません。

せっかく集客できていても、この仕組みによっては、いろいろとリスクを抱え込んでしまう場合があります。

スモールビジネスにとって、集客からお金を生むまでの仕組みづくりで最も大切なことが何か知りたいと思いませんか?

集客は大事だが、そこから先も大事

集客だけでビジネスが成り立つのであれば、そこを考えればいいだけです。

しかし、お金を生むまでの仕組みに集客以外の事柄が多く関わってくるとなると、物事が複雑になりコントロールできない要素が増え、ビジネスのリスクが高まってしまいます。

そのリスクと向き合っているうちに、いつしかお金にならない管理業務などに時間や手 間やお金をかけてしまい、結果を出すまでのスピードがどんどん遅くなり、さらに時間、手間、お金がかかる、負のスパイラルにはまる危険性があるのです。

そんな状況に陥らないように、お金を生むまでの段階を限りなく少なく絞ることができれば理想的ですし、そうであることが望ましいのです。

集客から先はシンプルに

とはいうものの、これは言うほど簡単ではありませんので、集客を核としてお金の流れが止まってしまわないように、リスクの所在を明確にすることを念頭に置きビジネスを進めなくてはなりません。

そうすることで、あなたが携わるビジネスの仕組みが複雑になる要素を排除し、リスクをコントロールできるようになるはずです。

管理という業務はどこかのタイミングで大なり小なり必要になることではありますが、それはビジネスが形になってからでも十分間に合います。

スモールビジネスでは、間違ってもビジネスを立ち上げた当初から管理に手間をかけることのないように注意してほしいと思います。

そのためには、入口(集客)から出口(お金を生む)という流れを滞らせてしまう要因を極力排除していくことが重要なのです。


「集客からお金を生むまでの仕組みは極力シンプルに」まとめ

集客からお金を生むまでの間の業務が多ければ、リスクも多くなる。お金を生む仕組みはできるだけシンプルに。