商品やサービスについて、お客さんが購入をためらうのはなぜでしょうか?

誰でも商品やサービス選ぶのにリスクを負いたくありません。確かなモノを選びたいのです。

商品の品質や良さがお客さんに伝わらなければ、購入にむすびつくのはむずかしいものです。

そこで、購入という行動を促す上で重要となる集客ツールのパーツ「保証」について、知っておきましょう。

商品を購入しやすくするために

お客さんは自分が選択したことにリスクを負いたくありません。失敗したくないという心理が働くため、商品やサービスの購入をためらってしまう場合があります。

そういった障壁を取り除くために、お客さんの行動リスクを回避してあげるためのチラシのパーツが「保証」です。

保証は「返金保証・返品保証・結果保証・満足保証・品質保証」などありますが、保証を明確にし、リスクがないことを徹底的に伝えることで、お客さんの不安を解消し行動を促すことができます。

なぜその保証をつけるのかを説明すれば、保証の効果も信頼も高めていくことができます。さらに、保証が強力であればもっともっとお客さんは行動しやすくなります。例えば「全部使い切ってからでも返品を申し出てください」とか「商品購入後3ヶ月以内であれば、いかなる理由であっても返金対応します」という感じで、明確にするとよいです。

「返金保証を打ち出して、本当に返金の申し出があったらどうしよう」と思う人がいるかもしれませんが、返金の申し出を気にするよりも、保証をつけることで購入してくれるお客さんが増えることに意識を向けたほうがよいと思います。

もし、返金などで赤字になるようなら、それはあなたが提供する商品やサービスに問題があるわけですので改善が必要ですが、返金などが多少あったとしても、きちんと利益を上げることができているのであれば利益を優先するのです。

保証も自分でゼロから考える必要はありません。必ずどこかの会社でやっていることですので、それを取り入れてしまいましょう。


「商品への保証はお客さんのリスクを減らすものだから」まとめ

お客さんの購入への不安を取り除くためには、商品への保証を明確にし、チラシなどでしっかりと伝えよう。