あなたの商品やサービスをお客さんに買ってもらうには、情報発信する必要があります。

結局のところ、お客さんはモノではなく人につくので、「あなたから買いたい」と思わせることが重要です。あなたのファンになってくれるお客さんが増えれば、それだけビジネスも安定します。

そうするためのヒントをお伝えします。

オンリーワンの人が情報発信すれば

情報発信をすることで、「あなたから買いたい、あなたからサービスを受けたい」と思ってくれるファンがつくようになります。

結局お客さんは、人につきます。

他の誰でもない、あなたにお金を払いたいという人を、できるだけ多くつくることが経営を安定させるためには必要です。

これはリピートにつながるのですが、そのはじめの一歩が、向こうからお客さんが集まってきてくれる仕組みなのです。

だから、さまざまなツールを活用しながら、まずあなた(あなたのお店やサービス)のことを知ってもらい、お客さんの方から接触してもらいましょう。

そこで、先生になるというのは、非常に効果が高いやり方です。

私の着物リサイクルのお店では、竹カゴなどに生地を貼って作る「一閑張り(いっかんばり)」という教室を開いています。

最初は私が教えていましたが、教室を開くと、今まで私の事を「旦那さん」と呼んでいたお客さんが、とつぜん私を「先生」と呼ぶようになったのです。

売る立場の人間が、先生に勝手に格上げされた瞬間でした。先生のいうことは通常の何倍も聞く耳を持ってくれます。

オンリーワンだからできる営業とは

これを既存のビジネスに落とし込むと、普通の販売員ではなく、「コンサルタントという立場になる」とことに応用できるでしょうし、最近よく見かける、コンサルティング営業もこれと同じ発想です。

実際にはコンサルティングとは名ばかりの営業マンがほとんどですが、情報を求めているお客さんから見れば、ただの営業マンよりも心強くうつるはずです。

お客さんからどのように見られるかというポジションを明確にすることで、勝手に格上げされるのです。

情報と水は高いところから低いところに流れます。

勝手に格上げされることで、お客さんはあなたの話に自ずと耳を傾けるようになり、あなたは換えのきかないオンリーワンの人となるのです。


「オンリーワンの人になってコンサルティング営業に強くなろう」まとめ

オンリーワンの人の話は情報を求めているお客さんにとっては心強く思える。自分のポジションを明確にしよう。