自分でも起業できるだろうか? ビジネスで成功するのはむずかしい? — 起業を前に、こんなことを考えてはいませんか?

では、誰かに起業を止められたら、また、「成功するはずがない」と言われたら、起業するのはやめますか?

起業してビジネスを始めたら、行動し結果を出すのは、あなた自身です。

ビジネスで成功という結果を得るために、まず必要な気構えをお教えします。

起業して結果を出すのは誰?

起業するときに、「私にもできますかね?」という人は多いです。

結果を出すか出さないかはすべてあなたにかかっているのに、「私にもできますかね?」という質問ほど無意味なものはありません。

もし誰かに「起業なんてむずかしいよ。やめておいたほうがいいよ」と言われたら諦めるのでしょうか? それで諦めるようであれば、結果なんてものははじめから見えています。

そもそも、何としてもお金を稼ぐという「腹決め」ができていないから、不安や自信のなさをリスクという言葉で言いくるめて自分を正当化してしまうのです。

そんな言い訳をしているヒマがあるなら、どうやってお金を稼ぐかを徹底的に考え、実行し、お金を稼ぐ力をつけ、自分が投資対象として魅力ある人物になるしかないのです。

ビジネスは自分の考えと行動でいくらでも明るい未来を切り拓いていくことができます。仮に売上げが思うように伸びなくても、実際に動きながら修正することができるのがビジネスです。

起業するなら、腹をくくれ

結果を導き出すのはあなたしかいません。

死ぬ気で頑張ると言っても、そのさじ加減は人によってまったく変わってきます。でもその頑張りは必ず結果となって現われるのです。 結果を出すために必要な「腹決め」は、つまりは「何とかする」ということなのです。

「私にもできますかね?」ではないのです。

「私はやる!」なのです。

「何とかなりますかね?」ではないのです。

誰に何を言われようが、何とかするのはあなたしかいないのです。

腹をくくって何とかするという気構えがなければ、死ぬ気で頑張ることはできません。

ただ、逆に言えば、「何とかする」という気構えだけで、いくらでもビジネスと人生を素晴らしい方向へと導くことができてしまうのです。

だから、やるのです! 何としてでもやり切ってください。


「起業してビジネスを始めたら、お金を稼ぐのは誰?」まとめ

いったん起業したら、お金を稼ぐのは自分自身。腹を決めて、自分の考えと行動でビジネスを切り開いて行こう。