ナンバーワンを目指すのは大切なことですが、ビジネスの目標はどう設定すればいいのでしょう?

ビジネスの世界でナンバーワンになるのは、非常に困難なことのように思えます。しかし、仕事やプロジェクトには目標設定が必要です。自分でビジネスを起すのであれば、目標を設定するのも自分です。

経営者としての目標設定の仕方について考えましょう。

経営者として目標を設定する

超一流スポーツ選手になるのはものすごく大変なことです。例えば、金メダルを取るのはそのスポーツの大会ではたった一人です。

がんばったからみんなに金メダルというのは幼稚園などではあるかもしれませんが、スポーツの世界ではあり得ません。

メジャーリーグでも、3A、2A、1A、メジャーというものすごく大きな山を登っていきます。その中で一流と呼ばれるようになり、第一線で他の選手よりも長くお金を稼ぐことができる選手はほんの一握りです。

ある意味、トップという席の数は決まっているといってもいいかもしれません。

ビジネスの素晴らしいところは経営者自身で登る山を決めて良いということです。社長という椅子は1つしかなくても、その山を自分でつくってしまっていいのです。

年商100億円の山、年商10億円の山、年商1億円の山を自分で決めて良いのです。しかも、業種もビジネスを行う場所も、仕事の目標も、すべて自分で決められます。

車業界で起業すると決めたからといって、TOYOTAと1位を争う必要はありません。その業界の中に別の山を自分でつくればいいのです。

大きな山をつくらなくても、自分でつくった山の頂に立てばその時点で金メダルです。

スモールビジネスとは、この山を稼げる場所に効率的につくっていくことでもあります。その山を活用して地域一番店を目指すのがひとつの頂となります。


「経営者になったら、業種も仕事の目標も自分で決める」まとめ

起業して経営者になれば、いくら稼ぎたいのか決めるのは自分。目標とする山を稼げる場所に効率的につくっていこう。