initialcost

ほとんどのビジネスはスタートするときにイニシャルコストが必要になります。

利益を大きくするにはコストをより小さくするのが基本ですが、イニシャルコストが大きいと、その後のビジネスを圧迫し続けることもあり得ます。

イニシャルコストをかけずに稼げるビジネスはあるのでしょうか?

イニシャルコストが不要な理由

私たちが全国に展開する放置自転車ビジネスの仕組みは、撤去現場に輸出業者を呼び作業をしてもらうようになっています。

輸出業者は現場に自分のトラックで来て、撤去した自転車を自分たちのヤードに直接引き上げるので、私たちは、店舗・トラック・人員・保管場所がなくてもビジネスとして成立させることが可能となります。

つまり、放置自転車ビジネスパートナーは ほぼイニシャルコストゼロでお金を稼ぐことができるのです。

私たちは大手の管理会社さんや大学などと提携し、都内だけでも年間数十万台の放置自転車の撤去依頼を受けていますが、これをすべて自社だけで対応しようとしたら、移動費や人件費、トラックや保管場所など、莫大なコストが掛かり、ビジネスとして成立させることはむずかしいのです。

そこで、私は、株式会社バイクオフコーポレーションの稲本勝美氏とともに、放置自転車ビジネスパートナー制度をつくり上げたのです。

お金を稼ぐ仕組みをパートナーとして利用する

放置自転車ビジネスパートナー制度とは、ダブルワークで収益を上げたい人や起業したい人、すでに起業している人に対し、放置自転車撤去をビジネスとして取り組み収益を上げてもらいながら、社会問題となっている放置自転車問題を法律に基づいた駐輪場管理という観点で改善させることを目的としています。

このような制度をつくったことにより、私たちの理念に賛同した人々が、全国でパートナーとして参画し、業界ナンバーワンの放置自転車撤去集団となることができました。そして、全国から多くの大手管理会社さんや大学や商業施設などから、今まで以上に多くの撤去依頼を受けるようになっています。

パートナーとして参画した人には、私たちと取引のある輸出業者や取引実績、撤去ノウハウを活用してもらい、結果を出してもらうという流れになっています。

これもゼロからビジネスを立ち上げるのではなく、今までつくり上げてきた私たちの仕組みを活用するということです。つまり、「他人の資産を活用する」ことに当てはります。

放置自転車ビジネスについては、「放置自転車ビジネス開業マニュアル:稲本勝美著(ぱる出版)」をご覧いただくか、ゲートプラスホームページ http://www.bizsupport.jp (ゲートプラスで検索)をご覧ください。

スモールビジネスでは、「他人の資産を使う」ことが、ビジネスを形づくり軌道に乗せるために大切な要素であることを頭に入れておいてほしいと思います。


「イニシャルコストほぼゼロで、お金を稼ぐ仕組みができた理由」まとめ

ビジネスを軌道に乗せるためにはイニシャルコストを抑えたい。スモールビジネスでは、他人の資産を使うことも考えよう。